神田悠斗(かんだゆうと)スクエニ脅迫したソーシャルゲーム課金の闇

神田悠斗,かんだゆうと

神田悠斗(かんだゆうと)ゲーム会社(スクウェア・エニックス)を脅迫した男の顔・画像

神田悠斗(かんだゆうと)は、ゲーム会社スクエニ(スクウェアエニックス)を脅迫したとして、逮捕されました。

スクエニは、東京・秋葉原にカフェを運営しています。神田悠斗は、このカフェで定期的に行われるイベントを脅迫し中止に追い込みました。

神田悠斗がゲーム会社を脅迫した事件概要

神田悠斗 ゲーム開発の大手、スクウェア・エニックスに、「殺してやろうか」などと脅迫し、会社主催のイベントを中止させたとして、介護職員の男が警視庁に逮捕されました。  脅迫と威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、宮崎県の介護職員、神田悠斗容疑者(25) です。神田容疑者は今年8月ごろ、ゲーム開発の大手「スクウェア・エニックス」に対し、「逃げ続けるなら殺してやろうか」などとメールを6回にわたり送信したうえ、会社主催のイベント2件を中止させた疑いがもたれています。  警視庁によりますと、神田容疑者は会社のホームページにメールを送信し、IPアドレスなどから関与が浮上しました。  取り調べに対し容疑を認めていて、「ゲームの中で使うアイテムが値上がりしたことが不満だった」「ユーザーの気持ちを分かってもらい、会社に危機感を感じてほしかった」と供述しているということです。

 神田悠斗がスクエニ脅迫をした大きな理由は、ソーシャルゲームの課金システムに大きな不満を持っていたことが分かりました。それにしても、2回もイベントを中止させてしまうとは、恐ろしい執念ですね・・・。

神田悠斗(かんだゆうと)とは

  • 名前:神田悠斗(かんだゆうと)
  • 年齢:25歳
  • 職業:介護職員
  • 罪状:脅迫・威力業務妨害

神田悠斗の仕事は介護職員でした。人を思いやる気持ちが欠かせない仕事なのにもかかわらず、なぜ、スクエニを脅迫したのでしょうか?

 

脅迫とは

脅迫罪においての脅迫は、人の生命、財産、身体、名誉、自由(通説によれば貞操や信念も含む)に対して害悪する告知を行うことである。相手が恐怖心を感じるかどうかは問わない。2年以下の懲役又は30万円以下の罰金。

威力業務妨害とは

威力業務妨害(いりょくぎょうむぼうがい)とは、威力により相手の業務を妨害する行為です。 威力とはデモや街宣行為などがあります。 また、最近ではインターネット上の書き込みによる威力業務妨害も多くなっています。

神田悠斗が利用したソーシャルゲームとは?

神田悠斗がスクエニを脅迫する原因となったソーシャルゲームとは、どのようなゲームなのでしょうか?

ソーシャルゲームとは、複数のプレーヤーがSNSのようにオンライン上でコミュニケーションをとりなら敵を倒すゲームです。

ソーシャルゲームの大きな特徴として、課金システムががあります。より難易度が高い敵を倒すためには、強力なアイテムが必要となりますが、これを現金で購入することができるのです。

また、強力なアイテムを身に着けていると、ソーシャルゲーム内において、他のプレーヤーから一目おかれる存在となるため、ゲームに一度ハマると課金せずにはいられなくなります。

ソーシャルゲームの課金システムによって、何十万円という両親のお金を使ってしまったた小学生や、若者が借金を重ねてしまう問題がクローズアップされた過去があります。

ソーシャルゲーム会社は、射幸心を煽る仕組みを自主規制することにより、最近は、課金によるトラブル報道が目立たなくなってきました。

神田悠斗の逮捕は見せしめか?

ソーシャルゲームは、普及すればするほど、課金システムで儲かる仕組みになっていますが、この課金システムに不満を持つものが、必ず一定数存在するようになります。

そこで、脅迫・業務威力妨害を行いそうな人間への対策として、神田悠斗を見せしめで逮捕したのではないでしょうか。

新しい情報が入り次第、更新したいと思います。