青森県八戸市の女児切り付け犯人 男子中学生の名前非公開で再犯も?

青森県,八戸市,中学生,小学生,犯人

青森県八戸市の女児切り付け犯は男子中学生

青森県八戸市で小学生の女の子がいきなりカッターで切りつけられる事故が発生しましたが、その犯人が14歳の男子中学生であったことが分かりました。二人の間に面識はなかったとのことです。なぜ、男子中学生は、面識もない小学生の女の子をカッターナイフで襲おうとしたのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

 

青森県八戸市の女児切り付け事件ニュース概要

12日夕方、青森県八戸市で小学生の女の子が見知らぬ男に刃物で切りつけられ、けがをした事件で、青森県警は八戸市内に住む14歳の男子中学生を殺人未遂の疑いで逮捕しました。  逮捕されたのは、八戸市内に住む14歳の男子中学生で、12日午後5時前、八戸市新井田西1丁目の路上で帰宅途中だった小学校高学年の女の子の喉のあたりを刃物で切りつけた疑いが持たれています。女の子は全治3週間のけがで、命に別状はありませんでした。  警察によりますと、防犯カメラの映像などから男子中学生を割り出し、市内で身柄を確保。12日深夜、緊急逮捕しました。男子中学生は容疑を認めていて、「カッターナイフで殺すつもりだった」という趣旨の供述をしているということです。  現場は住宅街の一角で、住民に一時、不安が広がりました。  「まさかこんな所で(事件が)起きるとは思っていないので、びっくりです」(付近の住民)  警察は男子中学生の自宅などから複数本のカッターナイフを押収し、凶器の特定を急いでいます。
https://www.nikkansports.com/general/news/201911130000048.html

青森県八戸市女児切り付け犯人 男子中学生プロフィール

名前:非公開
年齢:14歳
学校:八戸市内の中学校
凶器:カッターナイフ
犯行:女児の喉あたりを刃物で切りつけた
罪状:殺人未遂

青森県八戸市で小学生の女児を襲った犯人は、14歳の男子中学生でした。少年法によって守られているため名前は非公開となっています。

14歳の少年は、カッターナイフを女児の喉にあてて切りつけています。罪状は殺人未遂ですが、一歩間違えれば、女児の命を奪っていた事件でした。

青森県八戸市女児切り付け犯人 男子中学生の凶器

青森県八戸市の女児切り付け犯人として逮捕された男子中学生の凶器は、カッターナイフでした。警察が、八戸市にある犯人の自宅を捜査したところ、複数本のカッターナイフがあったことが判明しています。

犯人は中学生ですので、カッターナイフを所持するのは不思議ではありませんが、複数本のカッターナイフを所持していたのかなり不自然です。なぜ、犯人の中学生は、カッターナイフを複数持っていたのでしょうか?

 

青森県八戸市女児切り付け犯人 男子中学生の犯行動機

青森県八戸市の女児切り付け犯人である男子中学生は、女児を切りつけた理由として、「カッターナイフで殺すつもりだった」と供述しています。

今回は、運よく、被害者の女児は、逃げ切ることがきましたが、一歩間違えたら、大惨事になっていました。

犯人の男子中学生は、はっきりと殺意があったことを警察に話しています。面識がない人物に対して、なぜ殺意が芽生えるのでしょうか?

犯人の男子中学生は、家庭や学校教育の問題・トラブルによる精神疾患を抱えていのでしょうか?遺伝的なサイコパスなのでしょうか?

家庭・中学校でのトラブルが原因で精神疾患になった可能性

犯人の男子中学生が、面識がない小学生の女児に対して、殺意をいだいたいのは、精神疾患が原因だったかもしれません。もしかしたら中学校で教師や子供から「いじめ」をうけていて、精神状態が不安定になっていたのかもしれません。

また、家庭で日常的にDV被害を受けていて、精神状態が不安定になってしまっていた可能性があります。犯人は、多感な中学生であったことを考えると、外部要因が原因で、精神状態が大きく乱れてしまい、「自分を見失っていた状態」で犯行に及んでしまった可能性は否定できないと思います。

遺伝的なサイコパスだった可能性

犯人の男子中学生は、遺伝的なサイコパスだった可能性も考えられます。カッターナイフを何本も所有していたり、明確な殺意を持っていたこと考えると、遺伝子レベルで凶悪なサイコパス特性が「強い」状態の人物かもしれません。

サイコパスとは、他人への共感能力がない人間で、他人の悲しみを「分からない」特性をもっています。

男子中学生は、被害者である女児の気持ちは、まったく考えずに、ただ自分の殺意を満たしたいだけに犯行に及びました。

しかも、凶器のカッターナイフは、人間の急所の一つである喉にあてられていたことも分かっています。普通の人間であれば、そんなことをしたら、「痛い」し「かわいそう」という感情が働きます。

しかし、サイコパス特性が高い人物は、そのような他人の感情を一切考えることなく冷静に犯行に及びます。

男子中学生の犯行の事実をみてみると、サイコパス特性が非常に高いと判断せざるをえません。

サイコパス中学生の過去の犯罪

過去のサイコパス中学生の犯罪

1997年に神戸市に住む当時中学2年生だった男子が小学生の児童にたいして、狂暴な犯罪を繰り返し行っていた事件がありました。

その中学生は、明確な犯行動機はなく、ただ、自分の殺意だけで犯行に及んでいました。また、この犯人は、自分よりも体格が劣る児童のみをターゲットとしていました。

このことは、青森県八戸市でおきた女児切り付け犯人に極めて似ているのではないのでしょか?

青森県八戸市の事件では、被害者の女児は軽傷で逃げ切ることができました。また、警察の初動捜査が功を奏して、第2、第3の被害者を未然に防ぐことができました。

警察はとても良い仕事をしてくれましたよね、地元の皆さんは、一安心だと思います。

ただ、気になるのは、犯人の男子中学生の再犯です。サイコパスの更生をするのは難易度が非常に高く、長い時間をかける必要があります。これ以上被害者をださないためにも厳しい更生プログラムの適用を切に望みます。