長谷川雅代先生 東須磨小学校キャリア女性教師いじめ関与か?

長谷川雅代,東須磨小学校,いじめ

長谷川雅代先生の顔・画像 東須磨小学校いじめ事件に関与か?

長谷川雅代先生は、2017年に東須磨小学校に着任したキャリア女性教師です。明るい性格とやさしい笑顔が魅力的で、生徒はもちろん、同僚や校長からの信頼が厚い先生でした。

しかし、東須磨小学校の教師いじめ問題がテレビなどでクローズアップされると、加害者4人のうちの1人の女性は、長谷川雅代先生なのでは?という声が続出しはじめました。

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

 

長谷川雅代先生が関与したとされる東須磨小学校の教師いじめ事件概要

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員4人が、同僚で30~40代の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言を受けていた問題で、現在療養中の男性教員が昨年9月に激辛カレーを無理やり食べさせられたのが、放課後の学校内だったことが7日、神戸新聞社が関係者から入手した動画などで分かった。必死に抵抗する男性教員に対し、加害側の教員らは笑いながら行為に及んでいた。  動画は約50秒で、音声入り。関係者によると、加害側の4人や被害を受けた男性教員以外の第三者が撮影したとみられる。  動画には、加害側の男性教員が背後から羽交い締めにし、女性教員がスプーンですくった激辛カレーを、嫌がる男性教員の口に運ぶ様子が生々しく記録されている。羽交い締めにされた男性教員が「ごめんなさい。辛いのは好きじゃないんです」と訴えるのに対し、加害側の男性教員は手をたたいて笑いながら「勝ったー。もらったー。もらいましたー」と叫び、女性教員に「早よ、早よ」と激辛カレーを口に運ぶよう促している。  その後、被害側の男性教員はあまりの辛さに目を見開き、悲鳴のような声を上げながら室内を走り回っている。同市教育委員会が4日に発表した内容では、一連の暴行や暴言に関わった加害側の教員は30代の男性3人と40代の女性1人としていたが、動画には、男性2人と女性2人が男性教員の様子を見ながら笑う様子が写っている。  市教委は「激辛カレーを無理やり食べさせられた」との訴えを把握。男性教員は、精神的に不安定な状態となり、9月から休んで療養している。  また市教委の発表によると、加害側教員4人は、この男性教員を含む後輩の20代教員4人に対し、それぞれ無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者に性的なメッセージを送るよう強要したり、後輩教員の車の上に乗ったり、セクハラ行為をしたりするなどを繰り返していた。市教委はこれらの行為の詳細を調査するとともに、処分を検討している。男性教員側は刑事告訴を検討しているという。

東須磨小学校の激辛カレーの動画は、まるで体育会系の部活動の学生のような悪ノリをいじめ教師が楽しんでいるようです。これが教師のすることなのでしょうか?信じられません・・・。

長谷川雅代先生がいじめ・脅迫事件に関与したか?

長谷川雅代先生がいじめに関与したか?3252ニュースでは、東須磨小学校に回答を求めましたが、残念ながら回答期間内に返答を得ることができませんでした。

長谷川雅代先生とは

長谷川雅代,カレー,いじめ,先生

長谷川雅代先生が被害者男性に無理やりカレーを食べさせた疑惑がある画像
  • 名前:長谷川雅代
  • 年齢:40代
  • 経歴:2017年東須磨小学校に着任
  • 特徴:笑顔がやさしく指導力があるため生徒から人気

長谷川雅代先生は、東須磨小学校に在籍する女性教師です。いじめ事件では、激辛カレーを製造し、無理やり被害者の口にねじり込んだ女性教師の動画が流出していますが、その女性教師が、長谷川雅代先生だとするネット投稿が続出しています。

長谷川雅代先生は、おそらく激辛カレーの製造を担当したのではないでしょうか。極めて辛いカレーを家庭科室でわざっわざ作り、それを被害者の口に入れてたのです。

長谷川雅代先生は40代女性教師。そして、被害者は20代男性教師。本来であれば、長谷川雅代先生は20代の被害者男性の相談にのり、味方になってあげるべきポジションのはずなのに・・・。

www.kobe-np.co.jp

長谷川雅代先生の性格

長谷川雅代先生は、激辛カレーを被害者の口に運び、被害者がその辛さに耐えられずにのたうちまわっている姿をみて、大笑いしています。

長谷川雅代先生は40代で、いじめグループのなかでは年長者です。本来であれば、羽交い絞めにされている被害者を助けるべきポジションでしょう。

しかし、スポーンで激辛カレーを無理やり口に入れるというあり得ない行動を平然と行い、楽しんでいます。

 

長谷川雅代先生はサディスト

長谷川雅代先生が少しも動揺しなかったところをみると、サディストの気質がとても強いことが分かります。

サディストは、他人が苦しんでいるのをみると、「助けないと!」と思うのではなく、エクスタシーに近い恍惚感を得る特性の人をいいます。

激辛カレーを食べた被害者を見た、長谷川雅代先生の声に着目すると、作り笑いではなく、腹の底から笑っているのが分かります。彼女は正真正銘のサディストでしょう。サディスト特性は、生まれつきなので、教育によって改善することはできません。

長谷川雅代先生がいじめ・脅迫事件に関与してない場合は?

長谷川雅代先生は、東須磨小学校に在籍していることは間違いありません。年齢も公表されている40代ですから、疑われて当然です。

しかし、万が一、長谷川雅代先生がいじめ・脅迫に関与してないのであれば、ご本人もしくは同僚が、本当の犯人を告知することができるはずです。

東須磨小学校は、事件の報告はしましたが、いまだに加害者教師の名前を公表していません。

東須磨小学校は、教育者の集団なのですから、悪いことをしたら、謝罪するという当たり前のことを全員で促すべきです。

つまり、学校が公表しないのであれば、勤務している先生が公表すべきだと思います。長谷川雅代先生が、いじめ事件への関与を否定されるのであれば、ご本人が、ぜひ、真犯人を公表していただければと思います。

長谷川雅代先生の責任

 東須磨小学校のカレー動画をみれば、生徒さんは、その先生が誰であるか、容易に想像つきます。いじめ集団のなかも唯一の女性ですし、着用していたジャージからも容易に想像できるでしょう。

長谷川雅代先生は、カレー動画によって、巨悪ないじめの疑いがかかっているのですから、自らが会見し、生徒に対して説明する責任があります。それが先生であり公務員としてのけじめだと思います。