平塚真由 舞台女優の顔画像とキス不倫報道の真相

平塚真由,顔画像

平塚真由の顔画像

平塚真由 舞台女優が、飯島直子の夫と路上でキスしているところが週刊誌でスクープされました。飯島直子の夫は実業家ですので、多くの女性からアプローチを受けていることが予想されますが、平塚真由は、一線を超えてしまったのでしょうか?ここでは、平塚真由 舞台女優のプロフィールをみていきたいと思います。

 

平塚真由 舞台女優の不倫ニュース概要

 “癒し系女優”として人気になった飯島直子。'01年にTUBEの前田亘輝と離婚後、'12年に実業家のO氏と再婚。(途中省略)しかし、『週刊女性』で報じられたのはO氏が1年以上にわたって舞台女優の平塚真由と不倫していたという衝撃の事実だった。渋谷区にあるガールズバーにも勤めていた彼女。O氏が店に通い、猛烈アプローチの末に交際がスタートしたのだという。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00016411-jprime-ent

 

平塚真由のプロフィール

名前:平塚真由(ひらつかまゆ)
年齢:39歳
職業:舞台女優

平塚真由さんの顔は、顔立ちが整っていて、とても綺麗な女性で清楚な印象です。

また、平塚真由さんは、平塚真由のブログ 『All Goes Well.』というブログを運営していますが、最新記事は2015年2月18日で、千秋楽公演でストップしています。

平塚真由さんのフェースブックでは、2018年まで活動を更新していますので、気になる方はチェックしてみてください。

平塚真由のキス不倫

平塚真由,旦那,不倫

平塚真由と飯島直子の旦那 不倫デート1

 

平塚真由と飯島直子の旦那 不倫デート2

平塚真由と飯島直子の旦那 不倫デート3

平塚真由は、飯島直子の旦那で実業家とのデートを週刊誌にスクープされています。この写真をみると、ハッキリと顔を撮影されています。

また、平塚真由から積極的にキスをしているのが分かります。

飯島直子は、この証拠写真をもとに、平塚真由を訴えることはできるのでしょうか?

 

平塚真由は不倫で訴えられる?

結論からお伝えすると、飯島直子は、旦那と平塚真由を訴えることはできません。なぜかといいますと、写真のキスシーンは、不貞行為の状況証拠として、弱いからです。

例えば、撮影された写真が、ホテルの玄関から男女一緒に出てきた連続写真であれば、かなり強い状況証拠として有効になり、不貞行為があったと認められる可能性は強いです。

また、飯島直子の旦那さんと、平塚真由の出会いはガールズバーだったことが報道されています。とすると、平塚真由はガールズバーの営業だったと主張することもできるため、なおさら不貞行為で争うことは困難となるでしょう。

平塚真由はわざとキスした?

平塚真由のキス写真をみると、自分から強引にキスをしているようにも見受けられます。もしかしたら、マスコミが撮影していることを承知で、わざとキス写真を撮らせようとしていたのかもしれません。

飯島直子の旦那は実業家と報道されていますので、お金をたくさんもっています。もし、飯島直子と離婚してくれたら、自分が、再婚相手に選ばれますし、そこから先は安定した生活が待っています。

トラブルを大きくするためにキス写真を撮らせ、このことを発端に、飯島直子と別れさせようと画策していたとしても不思議ではありません。

飯島直子の旦那は、マスコミの取材にたいして、

『週刊女性』の直撃取材に「否定も肯定もしません」と苦笑で濁した
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00016411-jprime-ent

と回答しているところから、気持ちが揺れ動いている可能性もありますね。

 

平塚真由が務めているガールズバーとは

ガールズバーとは、女性スタッフ・女性バーテンダーなどで構成されているバーのことで、Hootersというアメリカフロリダ発祥のチェーン店が有名です。明るい店内で、気軽にスタッフとお客さんが会話を楽しむことができる形態となっています。

平塚真由が務めているガールズバーの名前は公開されてなかったので不明ですが、舞台女優を経験していたので、Hootersのようなチェーン店の可能性は低いのではないのでしょうか?

といいますのも、ガールズバーの時給は、1500円から3000円程度とかなり幅があるからです。舞台女優を経験し、CMにも出演経験がある平塚真由であれば、ランクが高いガールズバーに勤務していると考えるのが自然です。

飯島直子の旦那との不倫疑惑を報じられた平塚真由のニュースについて詳しく見てきましたが、いかがでしたでしょうか?平塚真由の不倫について、新しい情報や証拠が入り次第、更新したいと思います。