本田椋平の顔画像は?岐阜の繁華街で馬乗り両手首絞めの犯行動機

 

本田椋平,岐阜,馬乗り

本田椋平の顔画像は? 岐阜の繁華街で馬乗り首絞め 殺人未遂事件

2019年9月21日、岐阜市の繁華街で本田椋平が女性に馬乗りになり首を絞めるという事件が発生しました。市民の通報により本田椋平は、殺人未遂で逮捕されましたが、ここでは、動機や経緯などをくわしくみていきたいと思います。

 

本田椋平の馬乗り両手首絞め殺害未遂事件の概要

岐阜市の繁華街の路上で21日、会社員の男(28)が知人の女性(28)の首を絞めて殺害しようとしたとして現行犯逮捕されました。男は「殺意はなかった」と容疑を否認しています。  殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、愛知県一宮市に住む会社員・本田椋平容疑者(28)です。  警察によりますと、本田容疑者は21日午後9時前、岐阜市長住町の飲食店が建ち並ぶ歩道で、一宮市に住む知人の女性(28)に馬乗りになり、両手で首を絞め殺害しようとした疑いがもたれています。  通行人の男性から「首を絞められている女性がいる」などと110番通報があり、警察官が駆けつけると、本田容疑者が現場にいたということです。女性は命に別条はないということです。  調べに対し本田容疑者は「殺意はなかった」などと容疑を否認していて、警察が動機を詳しく調べています。

 本田椋平と被害者である女性は知人の関係だったようです。SNS上では、「マッチングアプリを通して知り合った関係なのでは?」という意見が多いです。

たしかに、知人という表現は、あいまいではありますが、お付き合いしているのであれば、表現は知人にはならないはずですよね。

 本田椋平は、知り合ったばかりの女性に対して、岐阜の繁華街で馬乗りいなってしまたのでしょうか。

本田椋平が被害者に馬乗りになった原因

おそらく、「別れ話」が原因で、頭に血がのぼってしまったのが原因なのではないでしょうか。

本田椋平が、計画的に犯行を考えた場合は、すくなくとも繁華街で女性に馬乗りになることはなかったでしょう。人が大勢いるので、通用されることは容易に想像がつくからです。

本田椋平と被害者の女性は、繁華街の飲食店で口論になったのでないでしょうか。そして、店を出た後も口論は続き、最終的に本田椋平が女性に対して馬乗りになったのだと思います。その異常な状況を目撃人が、警察に通報したのではいでしょうか。

本田椋平が利用した推測されるマッチングアプリとは

 本田椋平が利用したと推測されるマッチングアプリは、スマホ上で気軽に男女の出会いができるもので、有名なものには「ペアーズ」などがあります。

男性と女性に出会いの場を提供する、婚活ツールとして利用者が拡大している一方で、本田椋平のような犯罪未遂が増加する懸念もでています。

マッチングアプリは、「出会い」は提供するのですが、仕組み上、「安全」まではフォローできません。

本田椋平のような男性による被害を避けるのであれば、複数の身分証明書の登録を義務付けている結婚相談所のマッチングアプリを利用するのがベターかなと思います。

本田椋平の馬乗り両手首絞め殺害未遂の経緯

9月21日の夜、岐阜の繁華街の報道にて

  1. 本田椋平が被害者女性に馬乗りなり両手で首を絞める
  2. 通行人が警察に通報
  3. 本田椋平は現場で警察に現行犯逮捕される
  4. 被害者女性は、横たわったままだったが命に別状ないことが確認される

 通行人の素早い通報によって、被害者の方が無事に救われました。被害者の方は、大きな恐怖を感じたかと思いますが、命が助かって良かったと思います。

 

本田椋平とは(プロフィール・犯行動機)

名前:本田椋平
年齢:28歳
顔画像:警察から公開されたら直ちに公表します
犯行動機:警察が詳しく調査中
罪状:殺人未遂

本田椋平の年齢は28歳。被害にあった女性の年齢も28歳です。お互いに、結婚適齢期を迎えています。交際をめぐるトラブルがエスカレートして男性が一方的に激情してしまったのではないでしょか。

恋愛では、真剣になればなるほど感情的になってしまいがちですが、だからといって、馬乗りで首を絞めるという行為が許されるわけではありません。

今回は、通行人からの通報があったから未遂でおわりましたが、これが密室で行われていたとしたら、取り返しのつかない事件に発展していた可能性があります。

本田椋平の罪状「殺人未遂」とは

未遂とは殺害行為に着手したが相手が死ななかった場合である。相手が怪我をしたにとどまる場合は法条競合として傷害罪ではなく殺人未遂罪のみが成立する。被害者が無傷の場合でも暴行罪や脅迫罪ではなく殺人未遂罪のみ成立する(たとえば、殺害を意図して拳銃を撃ったが弾がはずれた場合)。

本田椋平は、被害者女性に馬乗り状態で首をしめたので、傷害罪ではなく殺人未遂の罪状がでています。状況によって、刑期は5年未満になることもあるようです。

 

本田椋平犯行現場「岐阜市長住町の繁華街」とは

本田椋平,犯行現場,岐阜市,長住町,繁華街

本田椋平犯行現場「岐阜市長住町の繁華街」

本田椋平の犯行現場は、岐阜の繁華街と報道されていたので、地図で調べたところ、岐阜柳ケ瀬商店街だということがわかりました。

アーケードがある大規模な商店街で、地元の人が利用されているようです。この歩道で本田椋平が犯行におよんだとすれば、周りが見れないぐらい、激高していたはずです。そして、その様子は、通行人のだれもが気づいいていたはずです。

 

本田椋平は精神疾患?

「幻覚」や「妄想」が特徴的な症状だが、その他にも様々な生活のしづらさが障害として表れることが知られている。

 本田椋平の犯行をみると精神疾患の疑いがあるかと思います。おそらく、被害者女性に対して、自分の世界のなかで課題な妄想を膨らませていたのではないのでしょうか。

本田椋平は、自分の心のなかでは、被害者女性との関係が強固なものだと妄想していて、その妄想と異なる反応を被害者が示してしまったので、感情的になった可能性があります。

本田椋平の両手首絞め殺害未遂に対するネットの反応

本田椋平と被害者女性の関係が気になる。マッチングアプリで知り合ったのだったら、この事件をきっかけに、マッチングアプリに規制やルールを適用すべきだと思う。被害者女性の命が無事だったのが救いでした。

本田椋平は、人間じゃないと思う。女性に対して、馬乗りになって首をしめるなんて・・・精神的な病の可能性もあるな。