細川将巧(ほそかわまさよし)顔画像 Facebook趣味がヤバい!ボランディアわいせつ男の素顔

f:id:yamanetaihei:20191126141058p:plain

細川将巧(ほそかわまさよし)顔画像

細川将巧(ほそかわまさよし)小学校ボランティア相談員が男子児童にわいせつしたとして逮捕されました。細川将巧は、町田市の小学校に派遣された際に、男子児童と知り合い、男子児童の自宅でわいせつしていたことが明らかになっています。なぜ、小学校ボランティア相談員が、犯罪を犯してしまったのでしょうか?詳細をみていきたいと思います。

 

細川将巧わいせつニュース概要

町田市内の小学校で悩み相談を受けるボランティアだった男が男子児童にわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。  強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、町田市の細川将巧容疑者(30)で、先月、町田市内に住む小学5年の男子児童(11)の自宅を訪れ、下半身を触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、細川容疑者は男子児童が通う小学校で悩み相談を受けるボランティアをしていて、親がいない隙を狙ったとみられています。  細川容疑者は別の男子児童(11)の自宅に侵入しようとしたとして、すでに逮捕されていますが、取り調べに対し「やっていません」と容疑を否認しています。

 

細川将巧のFacebook

細川将巧

細川将巧のFacebook

細川将巧(ほそかわまさよし)のFacebookを調査したところ、名前・顔写真・住所が一致したアカウントを確認することができました。

細川将巧(ほそかわまさよし)Facebookアカウント
https://www.facebook.com/masayoshi.hosokawa.986

細川将巧について

名前:細川将巧(ほそかわまさよし)
年齢:30歳
職業:不明(元:小学校ボランディア相談員)
罪状:強制わいせつ

細川将巧は小学校ボランディア相談員をしていたことが報道されていますが、どのような職業についていたのか詳細は明らかになっていません。

ボランティア以外に生活をするための金銭面はどのように工面していたのでしょうか?

 

細川将巧がボランティアを始めた理由

細川将巧が小学校ボランティア相談員をはじめた理由は、テレビ報道では明らかになっていません。

しかし、報道された事実をみると、男子児童と接点を持つことが目的だったのではないかと勘繰ってしまいます。

細川将巧のような犯罪を犯す人間がでてくると、真面目に取り組む他のボランティアスタッフに迷惑がかかてしまいます。

先生や保護者が、他のボランティアスタッフにも疑いの目をかけてしまいがちだからです。

ボランティア相談員とは

ボランティア相談員になるためには資格が必要なのでしょうか?埼玉県青少年相談員の公式サイトをみたところ、とくにカウンセラーの資格は必要はいようです。児童達にとって、お兄さん・お姉さんのような立ち位置で相談のったり、イベントを楽しむといった活動をしているようです。

埼玉県青少年相談員は、自らの意思に基づくボランティアです。カウンセラーのような資格はいりません。  相談員の皆さんは、埼玉県知事から委嘱状を受領した後、県内市町村を舞台にスポーツ大会やものづくり体験、サマーキャンプ、フルーツ狩り、クリスマス会、スキーなど様々な活動を通し、主に小中学生のよきお兄さん・お姉さんとして、楽しく相談や指導に当たっています(募集対象年齢18歳~36歳)。  https://www.pref.saitama.lg.jp/a0307/dantai-shisetsu/903-20091225-94.html

 

細川将巧のような犯罪を防止するために

細川将巧ののような児童わいせつ犯罪を防止するためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

まず、小学校ボランティア相談員の活動範囲を明確にすべきだと思います。具体的には、児童と接するエリアは、

  1. 小学校内
  2. イベント会場

 などに限定すべきで、その他のエリアで児童に接することを原則禁止すべきではないでしょうか。

 細川将巧は、男子児童の自宅でわいせつ行為に及んでいました。しかも保護者のいない時間帯を計算していたことが報道で明らかになっています。

細川将巧は、どのような理由があったとしてもボランティア相談員として児童の自宅に訪問することは避けるべきだったと思います。