犯人の顔画像は?小林光則・美和さん茨城夫婦殺害の犯行動機・手口

 

小林光測,小林美和,夫婦.殺害

小林光測・美和さん夫婦殺害事件の犯人は?

2019年9月23日、茨城県の一戸建住宅で、小林光則・美和さん夫婦が血を流しながら倒れていたのが発見されました。犯人の犯行動機や逃走経路について詳しくみていきたいと思います。

小林光則・美和さん夫婦殺害事件の概要

23日午前0時半すぎ、茨城県境町の住宅から「助けて」などと取り乱した女性の声で110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、この家に住む会社員の小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が2階の寝室で血を流して死亡しているのが見つかりました。  警察によりますと、小林さん夫婦の首や顔などには刃物で切られたような傷があったということですが、現場から凶器は見つかっていないということです。 遺族は23日午後、警察を通じてコメントを発表しました。「私たち家族は、大切な家族を突然失い、傷つけられ、深い悲しみの中におります」などとしています。  警察は現場の状況などから、外部からの侵入による犯行とみて捜査しています。

茨城県にお住まいの小林光則・美和さんご夫婦が、睡眠中に、殺害されるという悲しい事件がおこりました。小林光則・美和さんご夫婦は二人で2階の寝室で寝ていたところ、犯人による襲撃を受けてしまいました。

小林光則・美和さんがお住まいの一戸建て住宅の周りは、木や池などの自然に囲まれてるエリアです。

街灯の数は少ないため、犯人は、暗闇にまぎれて住宅に侵入してきたのだと思います。
小林光則・美和さんご夫婦が、寝るタイミングを見計らっての計画的な犯行の可能性が高いと思われます。

小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の経緯

2019年9月23日未明におきた小林光則・美和さんご夫婦殺害事件の経緯をまとめたいと思います。

  1. 9月22日23:00過ぎ 小林光則・美和さんご夫婦が自宅2階の寝室に入る
  2. 9月23日未明 犯人が小林光則・美和さん寝室に侵入する
  3. 9月23日未明 異変に気付いた小林美和さんが警察に「助けて」と通報
  4. 9月23日未明 警察が到着するも小林光則・美和さんご夫婦が心肺停止の状態で発見される

小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の通報者

小林光則さんの奥様である小林美和さんから警察へ通報がありました。
「助けて」という短い通報であったため、通報中も犯人が現場で刃物を振り回していた可能性が考えられます。この通報を聞いた警察は、直ちに小林さんご夫婦の住宅に急行したのでした。

小林光則・美和さん夫婦殺害事件の外傷

小林光則・美和さんご夫婦は、首や顔に刃物で傷つけられている外傷がありました。警察は、就寝中に刃物で切られたとみて捜査を進めています。

小林光則・美和さんご夫婦の寝室に明かりがついていたかどうかの報道は現時点でありませんが、時間帯を考えると、おそらく消灯していたはうです。

小林光則・美和さんご夫婦の住宅の近隣は、樹木に囲まれている上に、他の住宅とも距離が離れている孤立した場所でした。そんため、犯行現場である寝室はかなり暗かったはずです。

犯人は、そんな暗闇の中を、刃物で首を傷つけてきました。急所である首に狙いを定めていることを考えると、計画的かつ周到な準備をしていた可能性があります。


小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の家族

 小林さん夫婦は、大学3年生の長女(21)と中学1年生の長男(13)、小学6年生の次女(11)の3人の子どもと5人暮らしで、長男も足のあたりをけがしたということです。 

小林光則・美和さんご夫婦には、3人の子供がいらっしゃいます。

小林光則さん(48) 外傷:顔や首に切り傷
小林美和さん(50) 外傷:顔や首に切り傷
長女 大学3年生(21) 外傷:足に切り傷
長男 中学3年生(13) 外傷:なし
次女 小学6年生(11) 外傷:なし

小林光則・美和さんご夫婦は、犯人を目撃していた可能性がありますが、お亡くなりになったので、証言することはできません。

警察捜査によって現在病院に搬送されている、次女が犯人の顔や特徴を見ていた可能性があり、今後の捜査のカギを握っています。

催涙スプレーを使用した疑いが浮上

小林光則,小林美和,夫婦殺害,催涙スプレー

小林光則・美和さん夫婦殺害に催涙スプレー使用した疑い

 

病院に搬送されていた小学6年生の次女の証言で、犯人が、催涙スプレーを使用した疑いが浮上してきました。

次女の証言からは、犯人は、小林光則・美和さんご夫婦だけでなく、3人の子供に対しても殺意をもっていたことが判明しました。

催涙スプレーを使う非道な手口は許されるものではありませんし、その矛先を子供にまで向けた犯人の卑劣な行為は許されるものではありません。

小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の犯人の顔画像・犯行動機

犯人の顔画像

小林光則・美和さんご夫婦殺害事件の犯人は、現時点で捜索中ですので、まだ名前や顔画像は公開されていません。

犯行手口・犯行動機

犯人の手口は、小林光則・美和さんご夫婦の住宅にある鍵がかかっていない窓ガラスから侵入してきたと推測されています。

「(美和さんは)頑張り屋だよな。子どもが3人いて、お金かかるから、一生懸命2人で働かないと間に合わないんだよって言ってた。恨まれるようなことはないと思う」(近所の人)


小林光則・美和さんご夫婦の近くに住む方が、テレビ取材に対して、「真面目なご夫婦で人から恨まれるようなことはなかった」とお話されていました。

  1. ご夫婦が寝室に入られる夜間
  2. 鍵がかかってない窓ガラスから侵入

という事実を考えると恨みによる情動的な犯行という可能性は低いと思います。犯人は、

  • 視界が非常に悪い夜間に窓ガラスから侵入
  • 視界が非常に悪い消灯された部屋で刃物で急所を切る
  • 催涙スプレーを使用する

という卑劣な行為をためらわずに実行していることから、用意周到に計画した犯罪であることが分かります。したがって、

小林光則・美和さんご夫婦は、ご本人たちが自覚してないトラブルの巻き添え

になった可能性があります。

お子さんのために、夫婦共働きで、真面目に生活している小林光則・美和さんご夫婦が犯罪の犠牲になってしまうということは許されないことだと思います。

 

小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の犯人侵入経路

小林光則・美和さんを殺害した犯人は、非常に身軽で身体能力が高い人物ではないでしょうか。

普通の人間であれば、視界が悪い夜間に、窓ガラスまで登って侵入することは非常に難しいからです。

犯人は、普段から高い場所に上って作業する職業についている可能性が高いと思います。

小林光則・美和さんの夫婦殺害事件の凶器

小林光則・美和さんを殺害した犯人の凶器は、現場からは見つかりませんでした。犯人は、警察捜査によって自分の身元を判明するのを恐れて、凶器の刃物を現場から持ち去ったのだと思います。

犯人は、わずか数分のうちに小林光則・美和さん住宅に侵入し、殺害した後に逃走しています。

このことを考えると、凶器は、衣類にしまうことができる小型の刃物である可能性が高いのではないでしょうか。

 一刻も早い小林光則・美和さんご夫婦の殺害犯人逮捕を望みます。