アサヒセキュリティ伊東拓輝(いとうひろき)3.6億 窃盗男の手口と最新画像

アサヒセキュリティ,伊東拓輝

アサヒセキュリティが社員 伊東拓輝に3.6億を窃盗された原因


 2019年9月、アサヒセキュリティ社員 伊東拓輝(いとうひろき)による3.6億窃盗事件が発生しました。ここでは、事件の概要・原因追及をしていきたいと思います。

 

アサヒセキュリティ3.6億窃盗被害の事件概要

  • 2019年8月11日 社員 伊東拓輝がマネージャー職に昇進する。
  • 2019年9月 4日 社員 伊東拓輝が金庫から現金3.6億円を持ち出す。
  • 2019年9月 5日 社員 伊東拓輝が無断欠勤をする。
  • 2019年9月 6日 会社の現金を管理していた伊東拓輝が無断で2日間欠勤したことを不審におもった他の社員が金庫を確認したところ現金3.6億円がなくなっていた事実が発覚。防犯カメラを確認したところ伊東拓輝が現金3.6億円を持ち逃げしている映像が確認された。
  • 2019年9月6日 アサヒセキュリティは伊東拓輝を懲戒解雇し、埼玉県警に通報。
  • 2019年9月9日 埼玉県警が伊東拓輝を指名手配した。

アサヒセキュリティとは

正式名称は、株式会社アサヒセキュリティといいます。上場企業セコムが100%株主の警備会社で、1998年に設立されています。

警備会社のなかでも規模が大きく売上高は456億7800万円、営業利益 29億5300万円という規模になります。

親会社のセコムとは異なり、アサヒセキュリティは上場していませんが、売上規模を考えると、いつでも上場できる大企業です。

従業員数は5千人を超えており、コーポレートガバナンスも徹底しているようでした。

アサヒセキュリティの業務内容

アサヒセキュリティは、法人の警備をメインとしている会社ですが、その警備に関するサービスは大きく2つにわかれています。

  1. 貴重品運搬警備:飲食店やコンビニなど、現金をあつかう店舗に出向き、レジから現金を回収するお仕事ですね。コンビニにいくと、たまに警備会社の現金回収している様子を見ますが、その業務をアサヒセキュリティでは、重品運搬警備と呼んでいます。
  2. 売上金精査・入金業務(集配金業務):各店舗から収集した現金がいくらあるのかを最終確認し、その現金を店舗を統括している本部の銀行口座に振り込む作業になります。アサヒセキュリティ元社員 伊東拓輝が担当していた業務です。
アサヒセキュリティの社員の平均年収

 大手転職サイトによるとアサヒセキュリティ社員の平均年収は300万円から400万円です。残業手当は支給されるようですが、「仕事の負荷に対して見合った給料が支払われていない」といった不満の声が目立ちます。

 

 伊東拓輝(いとう ひろき)とは

伊東拓輝(28)は、アサヒセキュリティーの社員として現金を管理していました。店舗から集金された現金は、アサヒセキュリティが管理するASSセンターとよばれる施設に運ばれ、そこから各店舗の本部が指定する銀行口座に入金されます。

伊東拓輝は、ASSセンターに所属し、店舗から集められた大量の現金を直接管理する立場でした。

 伊東拓輝の顔写真をみると、どこにでもいる28歳の青年といった印象ですね。パッと見の印象からすると、3.6億を窃盗するような過激な犯罪者には見えません。どちらかというと、温和な性格の持ち主のような印象ですよね。

 伊東拓輝の職場での評判

伊東拓輝は、事件当日までは、勤務態度に問題はなかったようです。真面目に働いていたとの評価です。

温和な顔をしているので、きっと、職場の同僚も伊東拓輝が窃盗事件をおこすとは想像もしていなかったと思います。

ただ、逆の見方をすると、伊東拓輝は、窃盗を実行する当日までポーカーフェイスを貫き、緻密に犯行を企てることができる人物とみることができます。

伊東拓輝の窃盗手口

アサヒセキュリティのASSセンターに設置された金庫から3.6億円の現金を自分一人の手で持ち出しています。

アサヒセキュリティの公式ホームページをみると、社員の入出管理を個別に管理できるセキュリティゲートを販売しています。

おそらく大量の現金を保管するASSセンターには、このセキュリティゲートが導入し、通常の社員は出入り不可能なエリアであったはずです。

しかし、伊東拓輝は、自身の職務権限いよって、このセキュリティゲートを他の社員に怪しまれずに自由に出入りすることができました。

このことが、3.6億という現金を持ち出す原因になってしまいました。

アサヒセキュリティが3.6億窃盗された原因

警備会社であるアサヒセキュリティが、大量の現金を盗まれるということは、通常では、考えられません。厳しい基準をクリアしたセキュリティ設計がされた建物で現金管理しているからです。

しかし、今回の事件をみると、あっけなく窃盗されてしまったようにみえます。

各種メディアから報じられている事実から推測すると、今回の3.6億窃盗事件の原因は、8月11日に伊東拓輝をマネージャー職に昇進させたことではいでしょうか。

おそらく、アサヒセキュリティのセキュリティゲートは、社員の属性によって、入出管理していたはずです。

マネージャーに昇進した伊東拓輝は、いままで、入出することができなかった金庫のある厳重警戒エリアに自由に出入りできるようになったはずです。伊東拓輝は、この事実に気づき、3.6億窃盗を計画・実行したのではないでしょうか。

9月26日【追記】伊東拓輝(いとうひろき)逃走画像

伊東拓輝,最新画像

伊東拓輝の最新画像

9月26日、警察によって、逃走中の伊東拓輝の最新画像が公開されました。男の特徴は、

身長:173cm
体形:やせ型
顔:左の耳に大きなほくろ

とのことです

アサヒセキュリティから伊東拓輝が3.6億の現金を持ち出した方法

事件当時、アサヒセキュリティから3.6億の現金を一人で持ち出すのは、困難なので、複数の共犯者がいるかもしれないという推測がありました。

しかし、今回の報道では、

  1. 都内に私書箱を契約
  2. アサヒセキュリティ金庫室から現金をダンボールに詰め私書箱に送付
  3. 私書箱から現金が入った段ボールをピックアップ
  4. 都内ホテルで段ボールからスーツケースに現金を移動

という手口で、アサヒセキュリティから現金を持ち出していたことが明らかになりました。私書箱に現金を送付することによって、堅牢な施設のセキュリティを突破していたのですね。これは盲点でした。

追記:伊東拓輝 都内で身柄拘束され逮捕

伊東拓輝,逮捕

伊東拓輝(いとうひろき)、逮捕される

9月27日、伊東拓輝が都内で身柄拘束され、逮捕されたとの情報が入りました。公開手配されてからわずか1日での逮捕となりました。

尚、今回の逮捕は、民間人による通報によるものなのか、警察官による追跡捜査によるものなのかは、まだ不明です。

追記:伊東拓輝が逮捕されたのは渋谷駅近く

伊東拓輝,渋谷警察署

伊東拓輝を逮捕した渋谷警察署

伊東拓輝,渋谷警察,埼玉県警

渋谷警察から埼玉県警に移送される伊東拓輝

 

伊東拓輝を逮捕したのは、渋谷警察署であることが分かりました。渋谷駅近辺を歩いていた人物を警察官が職務質問したところ、伊東拓輝であると名乗ったことで、逮捕となりました。

伊東拓輝は、職務質問の際、暴れたり、逃走したりせずに、素直に警察官の指示に従っていたとのことです。

尚、この時、現金を詰めていたスーツケースやバックは持っていなかったとのことです。

伊東拓輝は、現金をどこに隠したのでしょうか?共犯者がいて、すでにマネーロンダリングしてしまったのでしょうか。続報があり次第、更新したいと思います。