常慶藍の顔がFacebookで特定!キャバ嬢メイクの裏に隠されたサディズム

常慶藍,顔,Facebook

常慶藍,顔,Facebook

常慶藍,顔,Facebook

常慶藍(じょうけいあい)の顔

常慶藍(じょうけいあい)のヤンキー顔画像が、Facebookで特定されて物議を醸しています。常慶藍は、福岡の自宅で三男をエアガンで虐待した疑いで逮捕されていますが、「美人」「かわいい」といったコメントで並び、若くて綺麗な女性が、なぜ冷酷な虐待を行ったのか?疑問視する声も投稿されています。

 

 

常慶藍の旧姓は花岡藍 Facebook特定

常慶藍は、夫である常慶雅則と結婚する以前は、花岡藍と名乗っていました。Facebookでは、花岡藍アカウントで2013年までの間頻繁に投稿を繰り返しています。ネットで物議を醸しているいるのは、常慶藍の顔。

 

常慶藍の顔 ネット評判「かわいい」

 

 シャープな顔立ちで、どことなく、あどけない表情をしているところから、「かわいい」というネット投稿が続出してます。

また、Facebook投稿のなかには、ペットと一緒に撮影した常慶藍の写真もあります。

 

常慶藍,ペット

常慶藍とペット

常慶藍のFacebookを見る限りでは、10代の頃は、キャバ嬢のようなメークをして、それなりに男性からはモテていたのではないでしょうか?

また、ペットだと思われる小型犬と一緒に写真撮影した画像もFacebookにアップしているところから、動物好きだったと思われます。

どこにでもいるような、女性がなぜ、残虐な児童虐待をおこなったのでしょうか?新聞報道をみながら、詳しく見ていきたいと思います。

常慶藍(じょうけいあい)の評判 地元ヤンキーFacebookでリア充アピール

常慶藍が子供を虐待する声が響き渡る団地

常慶藍の年齢は24歳。出産した子供の数は5人。少子化が社会問題となっている現在の日本では、異常ともいえるほど短期間に多くの子供を出産しています。

常慶藍は、次から次へと短期間に生まれてくる子供達の育児に追われるようになり、やがて、そのストレスを子供達にぶつけるようになったのではないでしょうか?

「団地に響き渡るどなり声と泣き声が…」 近くに住む中学生は「1年くらい前に常慶容疑者の自宅の辺りから、女性のどなり声や幼い子どもの泣き声を何度も聞いたことがあります。午前8時ぐらいや夕方に聞くことが多く、団地に響き渡るくらい大きな声だったので怖かったです」と話していました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012167111000.html

 常慶藍と同じ団地に住む中学生は、「団地に響き渡るくらい大きな声だったので怖かった」と証言しています。

団地に響き渡るぐらいのボリュームですので、普通に考えれば、旦那の声と理解しますが、取材に応じた中学生は、女性のどなり声を聞いたと説明しています。

このことから、常慶藍は、日常的に大声で5人の幼い子供達をしかりつけていたことが容易に想像できます。

子供の泣き声も聞こえたとのことなので、大声で叱る以外に虐待もおこなわれていた可能性が大きいです。

常慶藍は、10代のチヤホヤされていた独身時代から5人の子供を出産し、激変した生活環境に心が追い付いていかなかった可能性があります。

 

常慶藍のウソ

常慶藍は、情動をおさえきれずに虐待をしてしまった可能性がある一方で、計画的にエアガン虐待の事実を隠蔽しようとしていました。

警察の調べに対し、2人は「エアガンで撃ったことはない」などと容疑を否認しているということです。 警察によりますと、2人は当時、唯雅くんを含む3人の子どもと合わせて5人で暮らしていて、逮捕前、警察に対し、常慶容疑者が「3歳の長男がエアガンで撃った」などと説明していたということです。 自宅から押収された複数のエアガンはいずれも両手で構えて使うライフル型で、警察は3歳の子どもが正確に狙いをつけて発射するのは難しいとみています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012167111000.html

常慶藍と夫は、死亡した三男の身体に残っているエアガンの傷跡は、自分達の虐待によよるものではないとウソの証言をしています。

常慶雅則(じょうけいまさのり) facebook エアガンで三男を虐待の父親

「3歳の長男がエアガンで撃った」という誰でもわかりそうなウソを警察に説明し、自分達の責任を回避しようとしてます。

 このウソをみると、やはり常慶藍は、育児ストレスよりも、もともと人を気づ付けることを平気で行うことができる特性のサディズムである可能性が強いかもしれません。

常慶藍の性格特性 サディズム

常慶藍,性格

常慶藍の性格特性 サディズム

常慶藍がサディズムであった場合、おそらく、幼少時代から、平気で人を裏切ったり傷つけたりしていた可能性があります。といいますのも、サディズムの人間は、共感性ゼロであるからです。

常慶藍ツイッターで長男・次男・三男へ差別発言!虐待の原因か?

また、他人が苦しんでいる姿を見ると恍惚としか快感を感じるのもサディズムの特徴です。

常慶藍はサディズムであるがゆえに、自分の子供を、平気で暴行していたのでしょうか?そのことを裏付けるような新聞報道もあります。

唯雅ちゃんは1歳児の平均体重を下回っていたという。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/557455/

エアガン虐待されていた唯雅ちゃんは、亡くなった時の体重が平均を下回っていました。日頃から虐待した上に、食事なども満足に与えていなかったことが考えられます。

普通の子供を持つ親の感覚ではないことだけはたしかですね・・・。