佳子さま 手話パフォーマンス甲子園でエールもヒップホップダンス封印

佳子さま,手話

佳子さま 手話パフォーマンス甲子園に出席

2019年9月29日、佳子さまは、鳥取市で開催された「手話パフォーマンス甲子園」に登壇し、参加者に対して、手話でエールを送りました。

佳子さまは、毎年、手話パフォーマンス甲子園に登壇され、手話でエールを送られていますが、その美しさに、世界から感嘆の声が上がっています。

佳子さま 手話パフォーマンス甲子園でのエール内容

「目標に向かって励んだ経験は、大切な宝物になったのではないでしょうか。これまで積み重ねてこられた努力の成果が、十分に発揮されることを期待しております」

佳子さまご自身で、手話に取り組まれているので、参加者がどのような気持ちで、今回の手話パフォーマンス甲子園に臨まれるのか、分かった上でのスピーチ内容だと思います。

佳子さまは、ダンスに熱中し、実際にステージに立たれた経験もあるので、なおさら競技者(手話レベルを競う人)が分かるのではと思います。

佳子さま、ヒップホップダンスを封印

佳子さまファンの中には、この機会に、ヒップホップダンスを見たかったという声もあがっていましたが、 残念ながら、通常の手話のみでのエールとなりました。

佳子さまが、ヒップホップダンスと手話でエールを送られたら、良い意味でも悪い意味でも世界に激震が走りますよね!

佳子さまヒップホップダンスの評判

佳子さまが出席された手話パフォーマンス甲子園とは

手話言語を使った歌唱、ダンス、演劇、ポエム、コント、落語、漫才などのパフォーマンスで、表情も 含め手話言語を正確に使いながら、伝えようとする意志をしっかりと持ち、工夫された演出や構成と豊か な表現力により演じられるものとする。

 手話パフォーマンス甲子園は、手話の技術を競い合うのではなく、ダンスや演劇(ミュージカル)などを通して、手話を披露しています。

ただの手話ではなく、身体全体を使った表現力、その表現を構成するストーリー展開などが評価の対象となります。

個性ゆたかなダンスや演劇などを通して、より多くの人に手話の重要性を訴えることが、手話パフォーマンス甲子園の目的となってます。

ですので、手話に興味がない健常者の人が見ても、十分に楽しめる内容となってます。

 

手話パフォーマンス甲子園のルール(審査基準)

審査基準としては、必ずしも音(音声や音楽など)を用いる 必要はないことを申し添える。 (2) 演技時間は、6 分以上 8 分以内とする。なお、予選審査会においては、3 分以内の動画を提出するもの とする。

 手話パフォーマンス甲子園は、だれでも参加できるというものではなく、予選審査をパスしなければなりません。予選は、3分以内の動画を提出することで審査判定を受けることができます。

佳子さまがご覧になられた、手話パフォーマンス甲子園は、予選の動画審査をパスした、精鋭たちの手話パフォーマンスということになります。

秋篠宮家の手話

秋篠宮家の女性は、公務で手話を披露することが多いです。佳子さまお母さんもお姉さんも手話が堪能です。

秋篠宮家の女性は、手話を練習することが義務付けられているのでしょうか。

秋篠宮家の男性が手話を披露されているところは、あまり見られませんね。やはり、女性が手話を習うという伝統があるのかなと思います。

 

佳子さまの母、紀子さまの手話

佳子さま,紀子さま

佳子さまの母、紀子さまの手話

佳子さまの母、紀子さまは、キリッとしていて、女性として品がある雰囲気があります。

そのせいか、黙っていると、近づきがたいオーラがあるように感じれますが、笑顔になると、とてもやさしい印象です。

手話の動きはなめらかで、一つ一つの動きが大きく、なるべく分かりやすく表現されようと工夫されているのが分かります。

 

佳子さまの姉、眞子さまの手話

佳子さま,眞子さま

佳子さまの姉、眞子さまの手話

 佳子さまの姉、眞子さまは、普段から清楚で品がある立ち振る舞いをされています。そのせいか、「人間味が感じられない」と言われることもありますが、昔ながらの皇族としての伝統を遵守されているスタイルは、世代を問わず、支持されています。

眞子さまの手話は、まるでNHK手話ニュースで活躍している手話アナウンサーのような、レベルの高さを感じさせます。

 

佳子さまの手話エールが与える世界に与える影響

 佳子さまは、ヒップホップダンスに熱中したり、タンクトプの私服を着こなしたりする画像が報道され、「皇室らしくない」と批判されることも少なくありません。

しかし、その一方で、そういった行動に、「親しみを感じる」という感想を持つ人々がいますし、熱烈なファンになる人もいます。

このように皇室のなかでも特に注目を集めている佳子さまが、手話を通して、障害を持つ人をサポートする活動を続けることそのものに、大きな意味がるのではと思います。