黒岩祐治知事 主導のPR事業が原因か?神奈川県庁知事室パワハラ職員自殺の母親が怒りの提訴

神奈川県庁知事室,パワハラ,自殺,職員,母親

神奈川県庁知事室パワハラ自殺職員の母親

2016年に神奈川県庁知事室に配属されていた職員が自殺した事件で、母親が提訴していたことが明らかになりました。

自殺した男性は、黒岩祐治知事が推進していたPR事業に携わっており、知事室の直属の上司からは罵声を浴びせられ続けられていました。

なぜ、職員は自殺するほど追い込まれていまったのでしょか?詳しくみていきたいと思います。

 

神奈川県庁職員パワハラ自殺ニュース概要

神奈川県の男性職員=当時(37)=がうつ病で自殺したのは、上司のパワハラや常態的な長時間労働が原因だとして、七十代の母親が十三日、県に約一億円の損害賠償を求めて横浜地裁に提訴した。  訴状によると、職員は二〇〇六年度に入庁。一三年十一月に政策局知事室に配属され、直属の上司から暴言を浴びせられ、高圧的な態度で指導された。一六年四月に総務局財政課に異動した後は、少ない月でも「過労死ライン」の八十時間を上回る百時間以上の残業をし、多い月は二百時間を超えた。休日出勤も続き、九月末にうつ病を発症。十一月十四日夜、県庁近くの公衆トイレで自殺した。  
https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130037-n1.html

 自殺した職員は、神奈川県庁知事室でパワハラをうけた後に、財政課で過労死ラインを超える残業を強いられました。

 

神奈川県庁知事室パワハラは黒岩祐治知事が主導?

神奈川県庁知事室で職員が日常的にうけていたパワハラはどのようなものだったのでしょうか?

母親は県庁で記者会見を開き、「息子は上司の大声など高圧的な言動や、曖昧な指示に精神的に疲弊していったが、県は最後まで息子を助けてくれなかった」と県を批判した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130037-n1.html

自殺した職員の母雄によると、神奈川県庁知事室では、上司の大声・高圧的で曖昧な指示を受けていたとのことです。

高圧的に曖昧な指示を出す上司

部下からしてみたら最悪な上司の典型ですよね。ただ、公務員は、基本的には過去から踏襲されている仕事をこなしているはずです。

前任者から引き継ぐ仕事の範囲は明確になっているはずです。なぜ曖昧な指示が出されていたのでしょうか?

自殺した職員の同僚によると、知事室では黒岩祐治知事の肝いりで前例のないPR事業を任せられていたようです。

知事室で携わった県のPR動画の製作は「黒岩祐治知事の肝いりで前例のない事業」。「上司の指示は高圧的、曖昧。組織としてのフォローがなく、精神的に追い込まれた」という。
https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130037-n1.html

この事実をみると、黒岩祐治知事がパワハラを主導していた立場だったのではないか?

黒岩祐治知事が主導するPR事業は、前例がなかった。

新しいPR事業の進め方は、黒岩祐治知事の頭の中にあるだけでしたので、彼の気分次第で、コロコロとその方向性が変わっていたのではないでしょうか?

神奈川県庁知事室に勤務していた男性は、このPR事業を形にしていくのに疲労してしまった可能性があります。

自殺した職員の母親は、その時の様子を、次のようにコメントしています。

母親は当時の息子の様子について「業務がどんどん増えて苦しみ、眠くても疲れていても眠れない日々が続いた。帰宅後、タオルで顔を覆って声を殺して泣く姿を何度も見た」と説明。
https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130037-n1.html

黒岩祐治知事は、自分の知事室に勤務していた職員の様子が分からなかったのでしょうか?

黒岩祐治知事が主導して悪質なパワハラが行われていたのでは?

過労死ラインを超える残業

総務局財政課に異動した後は、少ない月でも「過労死ライン」の八十時間を上回る百時間以上の残業をし、多い月は二百時間を超えた。休日出勤も続き、九月末にうつ病を発症。十一月十四日夜、県庁近くの公衆トイレで自殺した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191113/afr1911130037-n1.html

職員は、知事室から財務課に異動ましたが、過労死ラインを超える残業に苦しめられてしまいます。この残業は、過労死ラインの80時間を上回り、最も多い月で200時間を超えたとのことです。

この長時間残業が原因で自殺したことが認められて公務災害となっています。

まとめ

自殺した職員の母親は、財務課の残業とあわせて知事室で行われていたパワハラの実態を究明したい気持ちで提訴したのではないでしょうか?

提訴したとしても、亡くなられた職員の方は、生き返ることはありません。ただ、実態究明することで第二、第三の被害者を食い止めることができるはずです。

今後、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。