山北町の断水トラブル!神奈川県が自衛隊 給水車 要請NGで住民無視する理由

神奈川県,山北町,給水車,自衛隊

神奈川県 山北町の給水車トラブルで陳謝する黒岩知事

神奈川県 山北町が台風による断水被害を受け、自衛隊からの給水車が到着したにもかかわらず給水を受けることができなかったトラブルがありました。

なぜ神奈川県は山北町に自衛隊からの給水を許可しなかったのでしょうか?自衛隊の給水車の水は、その後どうなったのでしょうか?事件の詳細を詳しくみていきたいと思います。

 

神奈川県 山北町の自衛隊 給水車トラブルニュース概要

台風19号の影響で断水被害があった山北町で、到着した陸上自衛隊の給水車が引き返し、県の給水車到着まで約6時間にわたり利用できない事態が生じていたことが15日、分かった。陸自に対する町の災害派遣要請に県が「まだ早い」(町担当者)と待ったをかけた格好で、地元では「緊急時に正しいことなのか」と疑問の声が上がっている。  町などによると、水源地や浄水場が損壊するなど大規模断水の可能性が高まった13日未明、町は駒門駐屯地(静岡県御殿場市)の陸自に「給水車の支援をお願いするかもしれない」と連絡した。その後、町から陸自に派遣要請するよう連絡を受けた県は「県の給水車が向かう」と回答。陸自の給水車は約1時間後に到着したが、町の説明を受けて引き返したという。  一方、県企業庁の給水車が到着したのは、約6時間後の午後1時ごろ。町は「陸自がせっかく準備して運んでくれた水を使えなかった」と釈然としない表情。県側は「自衛隊に派遣要請しておらず、給水車が来ていたことは知らなかった。町に断るよう指示はしていない」と説明している。

山北町は、神奈川県に対して「自衛隊に給水車の派遣を依頼」するように頼んでいるにも関わらず、最終的に神奈川県はこれを拒否し、自衛隊の給水車が引き返す事態となってしまいました。

平常時であればルールを守ることは、問題ないかもしれませんが、台風被害の時になぜ同じ判断基準が適用されてしまうのでしょうか?

神奈川県の言い分

神奈川県,自衛隊,給水車

神奈川県の自衛隊 給水車を許可しなかった言い分

台風19号の被害に伴う山北町の給水支援についてご説明します。 まず、自衛隊の給水車が到着していた中で、柔軟に、給水をお願いするなどの対応ができず、速やかな給水ができませんでした。被災された町民の皆様には心よりお詫び申し上げます。 この経緯についてですが、 10月13日の午前1時ごろ、山北町から「今後、断水のおそれがあり、自衛隊の給水支援要請を県に行うことになるかもしれない」との連絡が、県(災害対策本部の統制部)にありました。 その後、午前6時過ぎに、町から県に対して、自衛隊の派遣要請についてファックスで依頼がありました。 一方、自衛隊の災害派遣要請を判断する基準として、「緊急性」「非代替性」「公共性」の3つの原則があります。 県は、今回の台風を迎えるにあたり、県企業庁の給水車の準備を行っていました。 そのため、自衛隊災害派遣の3原則に照らし、他に取りえる手段がないという、「非代替性」の条件を満たさないため、すでに準備を整えていた県の給水車を優先させる、との判断をしたものです。 また、県から要請がない中で、自衛隊の給水車が町に到着したことになりますが、その事実を知った自衛隊から、撤退の指示が出されたと承知しています。 事実として、自衛隊の給水車が到着していた中で、柔軟に、給水をお願いするなどの対応ができませんでした。速やかな給水ができなかったことは真摯に受け止めたいと思います。

 神奈川県は、公式ホームページにおいて、山北町に自衛隊 給水車の申請を許可しなかった理由を掲載しています。

その理由をみると、「非代替性」の条件を満たさないことが記載されています。そして、神奈川県の要請が無いことを現場で知った自衛隊が撤収したとも記載されています。

神奈川県のコメントを見ると、今回のトラブルの原因は、ルールを守らなかった山北町や自衛隊にあると主張しているようにも見えます。

山北町 湯川裕司町長が自衛隊 給水車を要請した理由

「前夜から断水が発生していて、“どうしようもない状況”でした。午前7時に給水車3台が来てくれて、目の前に水があるのに、なぜ捨てなければいけないのか。いろいろと手続きがあるのは承知していますが、ケース・バイ・ケースで対応できないものか。県民が困っているのですから」

山北町 湯川裕司町長の主張をみると、断水に困っている県民のことをだけを考えて行動していたことが良く分かります。また、手続きに関してもルールを全く無視したのではなく、神奈川県と自衛隊の両方に要請していることを考えると、むしろ正しい対応だったのではないのでしょうか。

湯川裕司町長が何もしなければ、神奈川県と対立することもなかったかもしれません。しかし、湯川裕司町長は、リスクをとって、県民の利便性を最優先した判断を下しました。立派な決断ですし、自衛隊の迅速な行動力も称賛に値すると思います。

 

山北町のために自衛隊が用意した給水車の水はどうなたの?

給水車3台は午前7時少し前に町に到着。県と町で押し問答が続いたが、県は最後まで首をタテに振らず、給水車3台の貴重な水は捨てられた。結局、県が別途手配した給水車は2台で、到着も13日の午後と遅れた。

 自衛隊が山北町のために用意した給水車の水は、破棄されてしまいました。断水で困っている県民が完全に無視されたひどい対応だと思います。

 神奈川県が手配した、県企業庁の給水車とは

神奈川県は、山北町に対して、自分たちが手配した県企業庁の給水車を利用することを押し付けてきました。自衛隊の給水車よりも早く水を届けてくれるのであれば、まだ話はわかりますが、6時間も遅れて到着しています。

神奈川県から優遇されている県企業庁とはどのような組織なのでしょうか?

県企業庁(地方公営企業とは)

地方公営企業は、日本の地方公共団体が経営する現業(官業)のうち、地方公営企業法の適用を受ける事業である。都道府県および市区町村が経営し、法人格を持たないためいわゆる社内カンパニーにあたり、一般会計(行政予算)とは切り離された特別会計での独立採算制を採る。

県企業庁は、地方公営企業が主体となっていて、特別会計で独立採算制となっているようです。

特別会計は、国会の審議を必要としないため、事実上、官僚や一部の政治家が自由にお金をプールし利用することができてしまいます。そのため、何年も前から国会でも問題視されていますし、不透明な会計ルールとも言われています。

(一般会計であれば、黒字になると、その分を社会保障など国民のために使うことができます。)

神奈川県が自衛隊の給水車を認めなかった理由

県企業庁が独立採算制をとっているということは、給水車の手配に関して、神奈川県から県企業庁へ支払いが発生している可能性が高い。

今回のような大型台風による災害が発生し、給水車の需要が発生した場合、県企業庁から見た場合には売上アップ!特需!のような感覚があるのではないのでしょうか。

神奈川県が、山北町の自衛隊 給水車 要請に応じなかった理由は、県企業庁の売上に貢献したかったのではないでしょうか。