木下さやか勤務タピオカ店ALLRIGHT脅迫!犯人ユッキーナは信用棄損罪か?

木下さやか,タピオカ,allright,オールライト,店

木下さやか勤務していたタピオカ店ALLRIGHT(オールライト)

木下さやかが勤務していたタピオカ店ALLRIGHT(オールライト)が、木下さやかの姉であり芸能人のユッキーナから脅された事実がツイッターで明るみになりました。

木下さやかはすでにタピオカ店ALLRIGHTを辞めているのですが、ユッキーナからの脅しをうけたタピオカ店ALLRIGHTが法的手段で対抗する可能性もあり、今後の動向に注目が集まっています。

new.isabelaserta.com

 

木下さやか勤務タピオカ店ALLRIGHTとは

木下さやかが勤務していたタピオカ店ALLRIGHTは、西小岩にあるお店です。タピオカドリンクの価格帯は300円から500円という手ごろな価格と、こだわりの抹茶を使用したオリジナルドリンクを目玉としているお店です。

タピオカ店ALLRIGHTは、西海岸のインテリアで統一されていて、居心地が良い店内となっています。

木下さやかは、2人の子供の子育て中だったこともあり、アルバイトとしてタピオカ店ALLRIGHTに勤務していました。

木下さやかタピオカ店ALLRIGHTを辞めた理由

木下さやかがタピオカ店ALLRIGHTを辞めた理由は、本人がユッキーナに伝えていた言い分と、実際にお店オーナーに伝えていた言い分と食い違っていました。

木下さやかが妹ユッキーナに伝えていた理由

  • ユッキーナのファンが集団で来店してしまい、想定していた客層とは異なり困惑しているとオーナーに言われ辞めた。
  • 給料が未払いで給与明細をだしていない。

タピオカ店ALLRIGHTオーナー側の対応

  • 木下さやかは、2人の子育てとアルバイト勤務の両立が難しくなったと言っていた。
  • 給与は基本的には店舗で手渡しだったが木下さやかが取りにこないので銀行振込で対応。お店にこないため給与明細を渡せていない。

木下さやか姉ユッキーナがDMでタピオカ店オーナーを脅迫

ユッキーナは、姉である木下さやかの言い分を信用し、タピオカ店オーナーにたいして、失礼な言葉遣いで脅迫まがいの文章を一方的に送りました。

  • 事務所総出でやる
  • いい年こいたばばあ
  • この店マジクズ

まるで、子供の喧嘩のような乱暴な言葉が並んでいます。子供だったら、指導し注意する案件ですが、芸能人という影響力がある立場の人物の発言となると、指導では済まされない内容ではないでしょうか。

 

タピオカ店ALLRIGHTオーナー関係者が法的措置を検討

タピオカ店ALLRIGHTオーナー関係者は、木下さやか姉、ユッキーナのコメントを公開して、今後法的措置をとることも示唆する投稿を残しています。

タピオカ店ALLRIGHTを脅迫したユッキーナは、どのような罪状になるのでしょうか?影響力がある芸能人が一般人の店舗を確かな根拠がない状態で誹謗中傷した状況証拠があるので、信用棄損罪が適用されるかと思います。

信用棄損罪とは

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する

 このほかにも人の業務を妨害する、業務妨害罪が適用される可能性があります。3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。

刑としては軽い罪になりますが、実際にタピオカ店ALLRIGHTのオーナーは心身のダメージ・経済的ダメージを追っているので、被害届をだせば受理されるかと思います。

木下さやか妹ユッキーナが謝罪していたことが明らかに

「完全な営業妨害です。いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。お店をオープンするのは大変だったのに…。木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。だいたい、DM1本で終わる話なのか。私は、法的措置も考えていますよ」

 木下さやか妹ユッキーナがタピオカ店オーナーに対して、DMで謝罪していたことがあきらかになりました。ただ、第三者にしゃべるなというのは、あまりにも高圧的な態度ですよね。

タピオカ店オーナーは、このユッキーナの恫喝によって、恐怖を感じ、お店を閉めているようです。早い段階で警察や弁護士に相談すべきだと思います。

木下さやかの性格

木下さやかがトラブルの原因なのですが、彼女はどのような性格なのでしょうか?

おそらく木下さやかは、周りに流されやすい性格なのかと思います。自分の味方を手に入れたいがために、影響力のある妹ユッキーナの力を利用したのは、言語同断ですが、これも周りに流されやすい性格が災いしているのかと。

このような性格の人は、自分で責任をとるという発想が抜けているので、トラブルメーカーになりやすいのです。おそらく、今回のトラブルで木下さやかからの謝罪はでてこないでしょう。