児玉淳(こだまじゅん) 弁護士Facebook顔画像は?兵庫県西宮で男性被害続出中!

児玉淳,Facebook顔画像

児玉淳(こだまじゅん)Facebook顔画像

兵庫県西宮で弁護士の児玉淳(こだまじゅん)が男性に対してわいせつ行為をした疑いで逮捕されました。児玉淳は、社員寮に無断で忍び込み、寝ている男性2人に対して、わいせつ行為をしたことを認めています。男性弁護士が、男性被害者に対して、わいせつ行為を行うという衝撃的な事件。Facebookや所属事務所などを詳しくみていきたいと思います。

 

児玉淳 弁護士わいせつニュース事件概要

深夜に住宅に忍び込み、就寝中の男性にわいせつな行為をしたなどとして、兵庫県警西宮署は23日までに準強制わいせつと住居侵入、窃盗などの疑いで、兵庫県弁護士会所属の弁護士児玉淳容疑者(33)を逮捕した。署によると「私がしたことに間違いない」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は、10日午前0時半~同6時ごろ、西宮市内の住宅に忍び込み、寝ていた男性(39)の衣服の股間部分を刃物で切り、わいせつな行為をし、男性が飲みかけのペットボトルを盗んだ疑いと、別の部屋で寝ていた同居人の男性(20)の衣服の股間部分も同様に切り、わいせつな行為をしようとした疑い。21日に神戸市内で逮捕した。 捜査関係者によると、被害者の2人は会社の同僚でルームシェアをしていた。39歳の男性が午前6時ころ、何かがおかしいと気付き跳び起きたところ、ジャージーとパンツの股間部分が切られ、わいせつな行為をされた跡があったという。20歳の後輩のいたずらだと思い、起こしたところ、同じように衣服の股間の部分が切られており「何者かに侵入され、股間の部分を破られた」と110番通報した。男性2人は児玉容疑者とは面識はないという。 西宮市内では6月から何者かに自宅に侵入された男性の被害が数件あり、署は関連を調べる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230889-nksports-soci

児玉淳 弁護士は、夜間の社員寮に無断で忍び込んでいます。そして、面識のない二人の男性に対して、就寝中にわいせつ行為をしていました。

もし、被害者男性が、わいせつ行為中に起きてしまったら、どうするつもりだったのでしょうか?

児玉淳 弁護士は、もしかしたら、睡眠中の男性被害者にたいして、睡眠薬を投与することで、犯行中は起きないようにしていたのかもしれません。

 卑劣な犯行だと思います。

 

 児玉淳とは

名前:児玉淳(こだまじゅん)
年齢:33歳
職業:弁護士
所属:兵庫県弁護士会所属

児玉淳は、弁護士という社会的に信頼されている職業についていながら、西宮市の住宅に無断で忍び込んでいます。

児玉淳に対して、弁護を依頼したクライアントは、どのような気持ちになっているのでしょう。自分が依頼した弁護士が、まさか犯罪者だったとは、夢にも思ってなかったはずです。

児玉淳が担当していた案件は公表されていませんが、中断するのは必至です。クライアントは、再び弁護士選定をやり直ししなければなりません。

児玉淳は、クライアントや所属事務所など、多くの人に迷惑がかかると分かっていながら、なぜ、自制することができなかったのでしょうか?

児玉淳の犯行動機

児玉淳は、犯行を認めていますが、具体的な動機は明らかにしていませんので、自制できなかった具体的な理由はわかりません。

これは推測になりますが、もしかしたら、男性とお付き合いしたくても、できなかった(周りが許さなかった)のかもしれません。

男性同士のカップルは、昔に比べたら、社会で認知されるようになってきました。しかし、まだまだマイノリティーであることは間違いありません。

また、地域によっては、まだ差別をうけることもあるようです。

児玉淳は、弁護士という職業上、なかなかカミングアウトすることができずに、ずっと本来の自分を隠し通していた。

しかし、ある時に、沸点を超えてしまい、犯行に走ってしまったのではないでしょうか?

 

 児玉淳の余罪

兵庫県西宮の警察署によると、この付近では、同じような男性被害が数件報告されていたようです。

西宮市内では6月から何者かに自宅に侵入された男性の被害が数件あり、署は関連を調べる。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230889-nksports-soci

児玉淳は、被害男性に対して危害を加えるわけではなく、金銭を盗み取ることもしていません。

 非常に特徴的な犯罪ですので、余罪の追及・特定は、非常に容易なのではないでしょうか?

児玉淳のFacebook顔画像

児玉淳,弁護士,Facebook

児玉淳 弁護士のFacebook

児玉淳 弁護士のFacebookアカウントを調査しましたが、現在のところ、本人を特定できるようなアカウントをみつけることはできませんでした。

新しい情報が入り次第、更新したいと思います。