小室佳代「圭と一緒に皇室入る!」女性宮家創設発言に宮内庁困惑

皇室・皇位継承

小室佳代さんが、眞子さまを当主とした女性宮家創設を強く希望していることが皇室関係者の話から明らかになりました。

現在、小室圭さんはアメリカ留学中ですし、眞子さまは2年前に約束していた「結婚発表」について、その期限を迎えた「今」も黙秘を続けています。

このような状況で、小室佳代さんは、圭さんと眞子さまにどのような話ををされているのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

眞子さま「アメリカで圭さまと結婚します」発表で愛子皇太子待望論広がる

紀子さま女性宮家創設にむけて「小室家外しへ」(女性自身)

2月11日発売の週刊誌「女性自身」は、紀子さまが「将来の天皇」となる悠仁さまを支えるための女性宮家創設に前向きであることを報じています。

しかし、女性宮家創設のネックとなっているのが、眞子さまと小室家のご結婚問題。女性宮家創設すると国民から批判が集中している小室家も皇室入りしてしまうからです。

女性自身の記事概要まとめると次のようになります。

  • 眞子さまと小室圭さんが「結婚延期」発表してから2年が経過した。「結婚延期」の期限は2年と約束していたのだが、まだ公式な発表予定は告知されていない。
  • 希子さまと眞子さまは、小室圭さんとの「ご結婚問題」が原因で仲たがいし、顔を合わせることがほとんどなくなった。そのため問題解決の進展が全く無い状況だった。
  • 「結婚延期」発表からちょうど2年が経過する2月6日に「何かしらの告知」があるかと思われたが、通常の「ご公務」を執り行われただけだった。
  • しかし、宮内庁関係者によると、この2月6日の「ご公務」で、久しぶりに希子さまと眞子さまが顔を合わせて「ご結婚問題」について家族会議が行われたとのこと。
  • 宮内庁関係者の推察では「久しぶりの家族会議で、希子さまは眞子さまに対して『公務削減』させて将来の女性宮家から『眞子さまを外す』ことを伝えた。」とのこと。
  • 希子さまのお考えとしては、次の天皇になることが確実視されている悠仁さまの負担を少しでも減らそうと将来見据えた女性宮家創設に前向きになっているとのこと。
  • 現在の皇室典範では「男系男子」しか天皇になることができず、このまま悠仁さまが天皇になられると、将来ご結婚される皇后に「男子ご出産」のプレッシャーが強くかかってしまう。
  • 希子さまは、そうしたプレッシャーを軽減させるために女性宮家創設して、悠仁天皇の皇后が万が一「男子」をご出産できなかった場合に、女性宮家からお生まれになった「男子」を天皇にすれば良いというお考えのご様子。
  • しかし、女性宮家創設の最大のネックとなっているのが、眞子さまご結婚相手である小室家となっている。
  • 女性宮家創設し、眞子さまが皇室に残った場合に、トラブルメーカーである「小室圭さんと小室佳代さんが皇室入り」してしまうからだ。
  • 小室圭さんと小室佳代さんに対して否定的な国民感情は、無視できないレベルまで強まっているため、女性宮家創設の布石として、早期に眞子さまを皇室から排除したいお考えとのこと。

希子さまは、こうしたお考えのもとに、今後の公務から「眞子さま外し」て、自分と佳子さま中心に回していく「非情なご決断」を伝えたようです。

一方で、この動向を機敏に察知していたのが、小室圭さん母親の小室佳代さんになります。小室佳代さんは、どのようなことを考えているのでしょうか?

小室佳代さん「圭と一緒に皇室入る!」眞子さま当主女性宮家創設へ強い意気込み

「小室佳代さんは、希子さまによる『 眞子さま外し 』の動向を機敏に察知しているようです。それを阻止し、女性宮家創設した暁には眞子さまを「ご当主へ」とするご自身の考えを宮内庁職員に繰り返しお話されていると聞いています。

まだ女性宮家創設は決まったワケでもないのに、鼻息荒く訴えかけてきて、それを聞かざるを得ない職員は疲労困憊し困惑していると聞いています。」(皇室ジャーナリスト関係者)

この関係者の話を聞いていると、小室佳代さんの半端ない意気込みが感じられます。

また、別の皇室ジャーナリストによる聞き込みに調査よると、最近の小室佳代さんは、親しいご友人に対して、

「圭と一緒に皇室入る!」

とまで言いふらしているご様子とのこと。

「小室家は将来皇室入りする特別な存在」だということを言いふらして、その権威をたてにご友人に対してマウントとるような発言が目立つので周辺にいる人間は逃げるように避けているとの話です。

そもそも小室佳代さんは、元婚約者から400万円借金していながらそれを返済せずに「踏み倒す」ことで、眞子さま結婚トラブルを作り出した張本人です。

強欲な小室佳代さんに関する酷い話は、驚くほど多くありますが、その一部をご紹介すると、

小室圭さんと眞子さま婚約発表した瞬間に「パート」を辞めて突然セレブ生活で贅沢三昧!

秋篠宮家に借金400万円援助を要求!

宮内庁関係者から飛行機移動を打診された際には「ファーストクラス」を要求!

宮内庁関係者から宿泊を打診された際には「三ツ星クラスのホテル」を要求!

といった有様です。こんな人のために、なぜ私たちの税金が浪費されなければならないのでしょうか?

小室佳代さんが「皇室入り」した場合、今まで以上に「権威」をひけらかし「金に執着」するのは明らかです。

つい最近、総理との写真を利用し「権威」をひけらかすことで、金儲けしていたマルチ商法の会社が東京新聞によって明るみになりました。

マルチ商法「クローバーコイン」代表と総理夫妻写真

このマルチ商法組織は、総理との写真は、「効果絶大」だと語っています。クローバーコインという怪しげな仮想通貨を総理の信用つかって売りまくっていたのです。

小室佳代さんが「皇室入り」して絶大な信用を手にしたらどうなるのでしょうか?

小室圭さんと眞子さま婚約決まった後も、元婚約者からの借金400万円を返済せずにそのまま踏み倒してしまう女性です。

そんな女性が、皇室入りしてしまったら「総理写真悪用したマルチ商法」超える被害が発生し、「皇室史上最悪の事件」を引き起こしてしまうのでは?

と考えてしまうのは、私だけでしょうか。

もっとも、皇室が絡んできますので、総理写真悪用のように、新聞で公表されることなく、内々で処理されるのでしょうが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました