眞子さま「100%結婚しますはデマ」「マコ丼陰口で憔悴」関係者発言が物議

皇室・皇位継承

2月6日に女性セブンが、 眞子さまが小室圭さんと「100%結婚します!」という見出し記事だして、まるで 眞子さま本人の口から発言された内容として大々的に取り扱いました。


しかし、本文をよくみると、関係者の発言を切り取って、眞子さま本人があたかも発言したように読者を煽っただけでした。女性セブン記事

眞子さまは、このようなマスコミの卑劣な煽りや、ネット上で、ご自身が「マコ丼」と呼ばれ、陰口たたかれていることにかなり憔悴されているご様子です。まずは、女性セブンの「煽り」記事の詳細を詳しくみていきたいと思います。

眞子さま「アメリカで圭さまと結婚します」発表で愛子皇太子待望論広がる

眞子さま「100%結婚します!」女性セブン記事の概要

女性セブンは、眞子さま「100%結婚します!」というキャッチコピーをつけて眞子さま本人の発言であるかのように煽りました。

しかし、その記事の内容は、皇室関係者が、眞子さまの気持ちを推察しただけでした。その記事の概要を見ていきたいと思います。

  • 眞子さま・小室圭さんとの結婚が「2年後に延期」と発表されてからもう2年が経過。今、その期限を迎えている。
  • しかし、具体的な期日の発表は、行われていない。
  • なぜならば、「小室家側から結婚辞退を申し出てくる」のを期待していたから。
  • しかし、その期待を裏切り、この2年間の期間を経て両者の絆はさらに深まってしまったため、今後の対応に苦慮している。
  • 皇室関係者の推測では、4月中旬に予定されている「立皇嗣の礼」が終わってから正式に結婚の日程が発表されるとの事。
  • ただ、秋篠宮家のなかでは「結婚反対」の声が大きい。なぜならば、小室家には次の3つの問題が過去に発生しているからだ。
  • 母親の金銭トラブル
    父親と祖父母の自殺
    祖母の新興宗教信仰
  • この小室家トラブルを一番気にしているのが美智子さまになる。
  • 美智子さまは、この問題を「家族の苦しみ」すなわち「天皇ご一族の苦しみ」ととらえて時には厳しい口調で眞子さまに「結婚を再考すること 」 を求めたとのこと。
  • ただ、このような周りの声を全く聞こうとしないばかりか、母親の紀子さまに対して「いつになったら結婚を認めてくれるのか」「100%結婚します!」という姿勢を強める眞子さま(皇室関係者)
  • 親子の対立は公務の打ち合わせの際にも影響している。
  • 紀子さまと眞子さまの親子が一緒に公務の打ち合わせに同席するとその雰囲気が緊張感あふれる重々しいものに変わってしまう。
  • 母親の紀子さまは、周囲に向かって務めて明るく話しをしようとされていたが、眞子さまは、会話に加わろうとはしなかったとの事。
  • このことから分かるのは、眞子さまは、母親の紀子さまに対して強い反発心を抱いているということだ。
  • 強い反発心抱いてしまった理由の一つに、紀子さまは、当初は小室圭さんのことを「とても素晴らしい人」と絶賛していたのに、後からトラブルでてきたら手のひら返したように結婚反対するようになったから。
  • ただ、最近になって、娘との対立に疲労したせいか紀子さまが「そこまで言うなら」と眞子さまと小室圭さんとの結婚を認める発言をすることがあり、宮内庁関係者は「耳を疑った」そうだ。
  • 紀子さまは「娘の気持ちを大切にしてあげたい」という気持ちがある反面、皇室全体のことも考えなければいけないし、将来の天皇である悠仁さまへの影響も考慮しなければいけないため深く思い悩んでいる。

眞子さまが「100%結婚します!」と発言したかのような記載ですが、よくみると皇室関係者が眞子さまの気持ちを推測して書いているだけでした。

ですので、 眞子さまが「100%結婚します!」 発言したと煽るのは間違いなくデマです。

ただし、今までの経緯から眞子さまが小室けいさんとの結婚を渇望していることは間違いないでしょう。

眞子さま「マコ丼陰口で憔悴」関係者発言が物議

眞子さまは、熱心に公務に取り組まれているため、ファンも存在しますが、小室圭さんとの結婚トラブルがあるため圧倒的にアンチが多い。

眞子さまのアンチは、匿名で、眞子さまへの悪口を書き込んでいるのですが、その際に、眞子さまのことを「マコ丼」と呼び、陰口を書き込んでいます。

そのなかでも特に悪質なのが、皇室関係者の話として、あたかも事実であるかのように、ほぼウソの情報を掲載している皇室ニュース専門サイトです。この記事タイトル画面キャプチャを見てください。

記事タイトル 眞子さま「私、マコ丼じゃないもん!」圭くんのお嫁さんだもん!」絶叫も、”牛丼”完食し「愛」を貫く


この記事によると、眞子さまは、夜中に突然、「お腹がすいた」と職員を呼び出して、レトルトの牛丼をつくらせたそうです。

そして、「私はマコ丼じゃないもん!」「圭くんのお嫁さんだもん!」と絶叫しつつ牛丼完食したそうです。

この記事に対して「自業自得ですね」というコメントがついているのですが、冷静に考えて、こんなのネタでしかない。

「牛丼」と「マコ丼」を組み合わせて記事にしたかっただけでしょう。こんな低レベルな記事に対して、まともにコメントを書いている人が多いのには驚きました。

ただ、 眞子さまが、ネットで「マコ丼」と呼ばれて馬鹿にされているのは事実です。

とくに小室圭さんの結婚に関するニュースが過熱してくると、アンチによる悪口も加速してきます。とくに女性掲示板の悪口はひどいですね。

「一生独身のまま生きたほうがいい。」

「もう子供つくっちゃのかな?」

などといったような、書き込む人の人間性を疑うようなコメントが並んでます。

皇室ジャーナリストによると、眞子さまは、プライベートのスマホで、「エゴサーチ」してこのようなコメントを見てる可能性高いようです。

そして、ネットの陰口が原因で憔悴しきってしまったとか。

その様子をみていた小室圭さんが励ますという構図ができて、二人の関係は、より強力なものになっていったようです。

つまり、マスコミが煽って、それに便乗した個人がブログや匿名掲示板でさらに煽った結果、二人の関係性が強まっていった・・という皮肉な結果に。

特捜「小室圭さんと母親逮捕」で結婚阻止の可能性

小室圭さん家族が、皇室の結婚相手としてふさわしくないという意見は政府関係者の間からもでています。

小室圭(母の佳代)借金誤報とテレビ番組謝罪「名誉毀損カネよこせ」文春内容

その中でも次のような奇抜な意見が最近注目を集めています。

「東京地検特捜部がカルロスゴーン逮捕したように、どうでもいい軽微な犯罪をみつけてまずは逮捕し、後に大きな罪で自白引き出して再逮捕してしまえば結婚阻止できる」(政府与党関係者)

特捜は、軽微な罪で逮捕した後に、裁判期日を延ばしに延ばして、長期間拘留することで、大きな罪の自白を引き出し、有罪にすることが大得意です。

最強の頭脳集団であり、日本史上かつてないほどの合法的な権力を持つ組織に対抗するとは不可能。

この最強集団を日産のゴタゴタ内紛劇なんかのために出動するのではなく、皇室のために出動させるべき。

特捜であれば、小室圭さん母親の借金トラブルに強引に介入してしまうのは簡単なことでは?

またその関係者として小室圭さんも一緒に逮捕拘留し様々な罪を認めさせ、長期拘留させて眞子さまとの結婚辞退させることも十分可能でしょう。

もっと言うと、皇室に対する罵詈雑言ならべるメディア各企業に対して、特捜が、粉飾決算や脱税の嫌疑で一斉検挙したら、美智子さまのストレスも軽減され「吐血」されることもなくなることでしょう。

特捜は日本の皇室を汚し風紀を乱す反乱分子をその権力で逮捕せよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました