名古屋市小学校20万円かつあげ・いじめ主犯格児童の親を特定!家族構成・勤務先は?

名古屋市,小学校,かつあげ,恐喝

名古屋市小学校20万円かつあげ事件

 名古屋市小学校でおきた20万円かつあげ・いじめ事件。小学生のお小遣いのレベルをはるかに超える大金の恐喝事件はなぜおきたのでしょうか?

恐喝加害者児童の親の勤務先や家の特定が、ネット掲示板では急速に進められています。ここでは、詳細を掘り下げてみていきたいと思います。

 

名古屋市小学校20万円かつあげ・恐喝ニュース概要

名古屋市の市立小学校に通う5年の男児が複数の同級生から現金を要求され、約20万円を渡していたことが2日、市教育委員会への取材で分かった。市教委は詳しい経緯を調べている。  市教委によると、男児は今年8月ごろから約1カ月間、同級生から「お金を持ってこないとのけ者にする」などと言われ、自宅から複数回にわたり、現金を持ち出していた。  同級生らはゲームセンターなどで現金を使っていたという。  学校が10月中旬、いじめ防止対策推進法で規定されている「重大事態」の可能性があるとして、市教委に報告した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000077-kyodonews-soci

 

名古屋市小学校の学校名は?

名古屋市小学校

名古屋市小学校

名古屋市小学生による前代未聞のいじめ・かつあげ事件がネット配信され、テレビ報道が過熱しています。

 

ネットでは、当然のように問題の小学校はどこなのか?特定する動きがはじまっています。

現在のところ名古屋市小学校の名前が確定できるほどのネタはでてきておりませんが、世論の怒りが強いため、暴露までは時間の問題といえそうです。

 

名古屋市小学校かつあげ児童の名前は?

名古屋市小学校でかつあげした児童の名前は、今後、公表されないのでしょうか?

テレビ報道によると、小学校5年生かつあげ児童は合計6名になります。年齢でいうと10歳から11歳になるかと思います。

少年法をみてみると、

刑事責任年齢に達していないため、刑罰は受けない。
少年院送致処分を受けないが、11歳は「おおむね12歳以上」に含まれ送致される可能性がある。
少年法 - Wikipedia

となっており、原則的には、刑事罰を受けることなく今まで通りの生活を送ることができてしまいます。

事実、かつあげ・恐喝事件が発覚した後も、加害児童は、通常どおり通学をしていると報道されています。

こうした状況のなか、ネットでは怒りの声が続出しています。

 小学生児童による、かつあげ・いじめという枠を超えていいるという怒りの声が目立ちます。

これは明らかに恐喝であり、加害児童は、しっかりと相応の罪を償う必要があるはずです。

しかし、少年法によって守られているため加害児童は、学校名・名前などは一切明かされることなく、警察に逮捕されることもなく、普段通りの学校生活をおくっています。

 

20万円かつあげ・恐喝の使途は?

結局、男子児童が持ち出した金額はあわせて10万円から20万円に…。  10月になって男子児童の母親が貯金箱から現金が無くなっているのに気付き、学校に連絡。事態が発覚しました。  同級生らは男子児童と一緒に、市内の商業施設のゲームコーナーで遊んだり、フードコートで食事したりして持ち出したお金を使ったといいます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00025630-tokaiv-soci

 名古屋市小学校かつあげ・恐喝児童は20万円という大金をゲームやフードコートでの食事などに浪費しています。

 

人の金だとおもって、適当に遊んでいたのでしょう。

 

小学校5年生とは思えない浪費の仕方です。このぐらいの年頃の児童は、公園でドッチボールとかサッカーとかで遊ぶのが一般的ではないでしょうか。

 

テレビでは報じられていませんが、小学校5年生の加害児童6名のなかに必ず主犯格がいるはずです。

 

名古屋市小学校かつあげ・いじめ主犯格の家族構成・勤務先

名古屋市小学校かつあげ・いじめ事件は、度を越えている。

社会人ですら20万円は大金であり、簡単に支払うことができる金額ではありません。この大金を恐喝したのであれば、恐喝罪で警察に逮捕される案件です。

 

小学5年生にもなれば、「これはマズイ」という感覚をもって当然

 

それにも関わらず、かつあげを継続しつづけたのは、親の影響が多分にあったのではないでしょうか?

 

加害者児童の親は、ブラック企業の幹部として普段から、恐喝まがいのことを平気でおこなっていた可能性があります。

 

いろいろなケースが考えられますが、いじめ主犯格児童の親の職業は、クソ物件を恫喝して売りつける悪徳不動産屋かもしれません。

令和の時代になっても、まだ昭和時代の恫喝営業がはびこっています。

恫喝する悪徳不動産屋

 

本来であれば、このような反社会的な行為をおこなっている人物は、逮捕されるべきですが、弱者をかぎわけて恫喝しているので、大きな問題になっていません。

 

子供は、親をみて育つといいますが、親が、このような恫喝する営業をおこなっていたら、それが正しいのだと認識してしまいかねません。

 

また、親がこのレベルだったら、自分の犯罪行為を反省することはないでしょう。

 

親のように、バレずに、うまくやるようになるのではないでしょうか。

 

名古屋市小学校20万円かつあげ・いじめ事件は、まずは親の特定をすべき。そして勤務先を特定し、親子で謝罪すべきでないでしょうか。

 

名古屋市脅威育委員会が「いじめ」と認定して、解決できるような簡単な問題ではありません。この問題追及は続く。