斎藤涼介 ジュノンボーイ応募・ホスト廃業でネトゲにハマッた?元カノを刺殺マザコン男の素顔

斎藤涼介,ジュノンボーイ,顔画像

斎藤涼介ジュノンボーイ応募の顔画像

斎藤涼介が新潟駅のビル前で元彼女の石沢結月さんを刺殺した事件。斎藤涼介は逮捕されましたが、イケメン・高身長の男が、なぜ、元彼女を傷つける必要があったのか?ネットでは多くの疑問の声が上がっています。ここでは、斎藤涼介が犯罪に手を染めてしまうまでの経緯を詳しくみていきたいと思います。

 

斎藤涼介はジュノンボーイに応募していた

斎藤涼介,ジュノンボーイ

斎藤涼介 ジュノンボーイ応募時のピース写真
  • 名前:斎藤涼介(さいとうりょうすけ)
  • 年齢:25歳(ジュノンボーイ応募時は22歳から23歳)
  • 職業:無職
  • 身長:175センチから180センチ

斎藤涼介は、モデル志望だった過去があります。ジュノンボーイに22歳から23歳の時期に応募していた写真がネットで話題をよんでいます。

この写真をみると、爽やかな印象を受けますね。警察の報道によると、身長は175センチから180センチありますので、素人からみても、モデルの素質は十分にあるように感じます。ただ、斎藤涼介がジュノンボーイとしてモデル業を行っていた実績を発見することができませんでした。

おそらく、ジュノンボーイのモデル審査には落ちてしまったのではないでしょうか。

ジュノンボーイとは

ジュノンボーイ,応募要項

ジュノンボーイの応募要項

ジュノンボーイは、日本トップレベルの若手男性モデルとして評価されています。ジュノンボーイに採用されると、ファッション誌へのモデルはもちろん、将来的には、テレビ出演など、活躍の場が広がります。

そのため、ジュノンボーイに採用される難易度は非常に高く、応募は延べ約1万7千名にも及びます。このなかで、たった3名が表彰台にたつことができます。

自分の容姿に自信がある男性がエントリーしてくるので、激戦状態であることは間違いありません。

 

斎藤涼介はホストをしている?

斎藤涼介,ホスト

斎藤涼介はホスト?

ジュノンボーイにはなることができなかった斎藤涼介ですが、一般男性の容姿と比較するとイケメンであることは間違いありません。

斎藤涼介を指名手配した写真に対して、ネット投稿では、その容姿をを絶賛してしまう投稿が続出しました。

  • 「ホスト?」
  • 「不謹慎だけどイケメン!」

この時の投稿に、斎藤涼介の甘いマスクをみて「ホスト?」という疑問の声もでてきました。

実際に、斎藤涼介がホストをしていたかどうか、調査してみましたが、そうした事実はでてきませんでした。

ただ、警察報道によると無職となっているのが気になります。ずっと無職のままだと、生活できませんので、もしかしたら、バイトでホストをやっていた可能性はあるかもしれません。

ただ、警察から異なる指名手配の写真が報道されると、今までの評価がガラっとかわってしまいます。

斎藤涼介,指名手配

斎藤涼介の指名手配画像

この斎藤涼介の指名手配画像に関して、その容姿を酷評する投稿がでてきました。

  • 「前の写真と全然違う」
  • 「前の写真は画像加工したのか?」

最初の指名手配画像とかなり印象が変わったことに驚いた人が多いようです。

斎藤涼介と石沢結月の出会いはオンラインゲーム

先週、新潟市で女性が刺され殺害された事件で、指名手配中の男と被害者の女性がオンラインゲームで知り合ったとみられることが新たにわかった。
https://www.knb.ne.jp/nnn/sp/news162143326.html

斎藤涼介が元カノの石沢結月さんと知り合ったのは、オンラインゲームだったという報道があります。

どのようなオンラインゲームだったか調査したところ、ネット投稿では、ファイナルファンタジー14やアイデンティティVではないかと推測する投稿がありました。

ファイナルファンタジー14は 、若者に人気のロールプレイングゲームで、利用者が多いのが特徴です。第五人格はアイデンティティVともといわれているゲームで、グループでの鬼ごっこゲームです。逃げる側と追いかける側(ハンター)に分かれてゲームを行いますが、追いかける側(ハンター)が斎藤涼介だったら、ゾッとするといった投稿もみられました。

 

過去のオンラインゲームによって発生した事件は、後藤真希さんの不倫になります。

元モーニング娘。のアイドルとして活動していた後藤真希さん(33)。  2015年に一般人男性と結婚し、二児の母として、子育てをしていました。しかし、『週刊文春』(3月21日号)にて、後藤さんの不倫が報じられました。不倫相手と知り合ったきっかけはなんとオンラインゲームだったとか……。
https://bizspa.jp/post-140437/

この記事によると、オンラインゲームは「モンスターハンター」だったようです。共通の目的をもってゲームをプレーすることで一体感が生まれるようですね。

オンラインゲームのなかでは、気が合うと思っても、実際に会ったら、 斎藤涼介のような身勝手で残忍な性格だったということもあるので、十分に注意が必要だと思います。

 

斎藤涼介の犯行動機

斎藤涼介容疑者(25)の母親=埼玉県上尾市在住=が事件前日の14日、「息子が元交際相手の女性を傷つけて自殺するとほのめかしている」と同県警上尾署に電話で相談していたことが分かった。  母親は応じた署員に、斎藤容疑者が神奈川県で暮らしているため不在で、女性の名前などは知らないと説明した。母親は15日午前に再び「息子を連れて帰ってきた。今は落ち着いている」と上尾署に電話。署員は、斎藤容疑者に外出する様子などがあれば110番通報するよう伝えた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160025-n1.html

斎藤涼介は、犯行前に、母親に相談してことが判明してます。元カノを刺殺して自殺するという内容でした。

母親の心情を考えと、相談を受けたときに、もっと強引にでも止めるべきだったという強い後悔があるのではないのでしょうか?

斎藤涼介の母親は、一度は、斎藤涼介を自宅に連れ帰っているので、油断してしまったのかもしれません。この後、斎藤涼介は、母親に黙って自宅を抜け出し犯行に及んでしまいました。

ネットの声

母親が警察に相談して、その後に警察が面会を求めたのに母親が断ったんだよね? これ、面会してたら変わってたと思う。

やっと逮捕されました いつまでも逃げ切れると思うな 罪をしっかり償って

新潟市内で捕まったんだね。県外に逃げてると思った。

事件の前日に母親が警察に息子が元カノをもしかしたら、、と相談した 翌日事件は起きてしまった 息子も、母親にそんなこと相談するのが珍しいとは思ったけど よっぽど追い詰められたのかな