大阪府茨木市消防署白川分署いじめ暴行の原因は?消防司令補あきれた言い分

大阪府,茨木市,消防本部,いじめ

大阪府茨木市消防本部いじめ事件

大阪府茨木市消防署白川分署いじめ事件。40代と30代の上司3人が20代の部下をいじめていたことが発覚し、加害者3人とも懲戒解雇となりました。

人の命を救う消防士が、なぜ、部下をいじめていたのでしょうか?深く掘り下げてみていきたいと思います。

 

大阪府茨木市消防署白川分署いじめニュース概要

部下を消防車に逆さ吊りにしたなどとして、大阪府茨木市消防本部の男性救急救命士3人が懲戒免職された問題で、被害を受けた部下は「怖くて話せなかった」などと話しているということです。  茨木市消防本部白川分署に所属していた消防士長(34)と消防副士長(33)は、今年5月、「首での測定を試す」として救急車内で自動血圧計を部下の男性(20代)の首に巻き付け、顔や目などに内出血を負わせました。  また消防士長から報告を受けた消防司令補(47)は、関係者に口外しないよう求めていたということです。消防司令補は、訓練時にこの部下の男性を30回以上殴ったり蹴ったりしたということです。さらに消防司令補は別の部下に対しては、全身をロープで縛り消防車の持ち手部分に引っ掛けて逆さ吊りにして5分ほど放置するなど、暴行事案を繰り返していたということです。  そうした様子は近隣の方にも目撃されていたといいます。  「(この辺りの人は)みんな見ている。ちょっと酷かった。『アホボケカス』と言ったり、『ちゃんとせんか、このくらいで死ぬか』と言っていた。」(近くの店舗の人)  被害を受けた部下らは「怖くて話せなかった」「尋常ではない怒り方で、怖くて止められなかった」などと話していて、茨木市消防本部は「いじめ以上の傷害や暴力行為にあたる」と認定し、他にも暴力行為がなかったか調べる方針です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00030392-mbsnewsv-l27

大阪府茨木市消防署白川分署いじめ加害者3人

消防司令補(47歳)
消防士長(34歳)
消防副士長(33歳)

いじめ加害者は、年齢・役職・キャリア全て被害者よりも上の人間です。社会的立場が強いこの3人は、育成すべき部下を、いじめていたのですから、あきれてしまいます。

大阪府茨木市消防署白川分署いじめ詳細

消防士いじめ加害者が使った血圧計

今年5月、「首での測定を試す」として救急車内で自動血圧計を部下の男性(20代)の首に巻き付け、顔や目などに内出血を負わせました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00030392-mbsnewsv-l27

いじめ消防士3人組は、20代消防士をいじめる際に、血圧計を首に巻き付けていました。血圧計は、腕に巻くために作られているものです。スイッチを入れると血圧を測る生地が縮小し、血管を圧迫することで血圧を測定できます。

そのための道具を、なぜ首に巻くという発想になるのか、理解ができません。

首に巻き付け、電源をいれたら、当然ですが、首全体が圧迫されてしまいます。首には頸動脈が通っていますので、圧迫される強さによっては、失神してしまう危険性があります。

失神したまま締め続けたら、当然ですが、死亡してしまう危険性が高まります。

消防士であれば、全員、救命の知識を持ち合わせています。救命の知識をもってれば、血圧計を首に巻き付けることが非常に危険なことであることは理解できるはずです。

また、いじめ加害者は、他にも信じられないいじめを繰り替えてしてました。

消防司令補は別の部下に対しては、全身をロープで縛り消防車の持ち手部分に引っ掛けて逆さ吊りにして5分ほど放置するなど、暴行事案を繰り返していた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00030392-mbsnewsv-l27

47歳の消防司令補は、20代の部下を消防車に逆さ吊りしていました。この様子は、近所の一般市民も目撃していました。

なぜ人命を救うための消防士が、仕事とは全く関係ない「逆さ吊り」を行うのか、その行為に恐怖を覚えた一般市民は少なくないはずです。

 

大阪府茨木市消防署白川分署いじめ加害者の犯行動機

今年9月に被害男性から相談を受けた職員が申告して発覚。消防司令補は「コミュニケーションを図るためにやった」と話しているということです。
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20191112/GE00030379.shtml

3人のいじめ加害者のなかでも 最年長である47歳の消防司令補は、いじめ犯行動機として、「コミュニケーションを図るためにやった」と供述していることが明らかになっています。

コミュニケーションを図るのであれば、もっと他に方法があるだろう!と突っ込みたくなるような言い訳に驚いてしまいます。おそらく、いじめ加害者3人は、白川分署内でいじめを繰り返すことによって、自分達の存在感を際立たせたかったのではないのでしょうか?

白川分署という狭いコミュニティーの中で、自分達の影響力を高めるために、いじめを繰り返していた可能性があります。

いじめを繰り返すことで、周囲が恐れることによって、自分達の発言力が増していると錯覚していたかもしれません。

また、いじめ加害者側は、もしかしたら、過去に先輩からいじめを受けていた可能性があります。

先輩からいじめを受けていたから、自分達も後輩ができたら、いじめをやっても良いと勝手な解釈をしている可能性があります。

この論理は、体育会系学校の部活動などで、過去によく見受けられました。しかし、今では、部活動であっても体罰はNGで厳しい処罰の対象となります。

 まとめ

消防士は、命をかけて真面目に仕事をしている人がほとんどです。

現場に配属されている消防士は、仲間意識が強く、身内を助ける心が強い反面、何かトラブルがあると隠蔽しようとする組織的な力がはたらく場合があります。

大阪府茨木市消防署白川分署では、その力が働いてしまい、いじめ被害が拡大してしまいました。

今回の事件をきっかけに、消防署は、真剣にいじめ再発防止に取り組んでもらいたいと思います。