柴田祐介先生 東須磨小学校の人気教師にいじめ疑惑

柴田祐介,先生,東須磨小学校,教師

柴田祐介先生の顔・画像 東須磨小学校の人気教師

柴田祐介先生がまさか?

東須磨小学校の教師いじめ・脅迫事件において、学校側は、加害者の名前の公表を控えている状況が続く中、在校生の親や卒業生らのネット書き込みによって、東須磨小学校の教師いじめ教師4人のうち、柴田祐介先生が今回の犯行に関与された見方が急浮上しています。

柴田祐介先生は、リーダーシップがあり、面倒見が良い先生だと評価されていただけに、今回の疑惑に、学校側に説明を求める声が続出しています。

長谷川雅代 神戸市東須磨小学校いじめ教師の権力

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

 

柴田祐介先生 東須磨小学校人気教師いじめ加担疑惑 事件概要

神戸市の小学校で教師4人が同僚の男性教師に悪質ないじめを行っていた問題で、いじめの様子が撮影されていたことが分かりました。 これは、去年の9月に神戸市立東須磨小学校で撮影された画像です。 羽交い絞めにされた男性教師は、激辛のカレーを無理やり食べさせられています。 さらに目や口にカレーのルーをこすりつけられていました。 いじめを行い、撮影したのは同僚の教師たちでした。 東須磨小学校では、30代の男性教師3人と40代の女性教師のあわせて4人が、同僚の20代の男性教師に悪質ないじめを繰り返していたことが明らかになっています。 関係者によると、加害者側の教師たちは、男性教師の指導を担当していて、いじめ行為は遅くとも去年の4月ごろには始まっていたということです。 去年12月には、男性教師の車の上に乗る嫌がらせもしていました。 男性教師は精神的に不安定になり9月から休職しています。 神戸市教育委員会が加害者側の教師の処分を検討していて、被害を受けた男性教師は刑事告訴も検討しています。

 東須磨小学校の教師いじめは、被害者男性が、まだ刑事告訴していな状況ですので、脅迫などの犯罪を行ったとされる加害者の名前は公開されていません。

しかし、さまざまな状況証拠から、被害者男性が、いじめ・脅迫を受けたことは明らかであり、加害者の実名報道することが報道機関が社会から求められている公益性だとする声が続出しています。

このような状況の中で、東須磨小学校の人気教師、柴田祐介先生がいじめ脅迫事件に関与していた疑いが急浮上してきました。

柴田祐介先生がいじめ・脅迫事件に関与したか?

柴田祐介先生がいじめに関与したか?3252ニュースでは、東須磨小学校に回答を求めましたが、残念ながら回答期間内に返答を得ることができませんでした。

柴田祐介先生のプロフィール

  • 名前:柴田祐介(しばたゆうすけ)
  • 年齢:30代
  • 赴任した学校:小束山小学校・東須磨小学校
  • 特徴:生徒や親からリーダーシップがあり指導力があると評価されている

柴田祐介先生の性格

市教委によると、加害側の教諭4人は30代の男性3人と40代の女性1人。調査に対し、一連のいじめ行為について「悪気はなかった」「相手がいやがっていると思っていなかった」などと説明しているという。

 柴田祐介先生がいじめに関与していた場合、その性格は、共感性ゼロのサイコパスの可能性が濃厚です。

教育委員会の調査結果では、犯人4人のコメントは誰一人として謝罪をしておらず、いじめ被害者男性の心情を察して反省する言葉が見当たらいません。教師としては致命的な精神病質者サイコパスだといえます。

 
サイコパスとは

サイコパスとは、共感性が著しく欠如している遺伝性の精神病質者のことです。遺伝性ですので、治療は不可能です。 東須磨小学校は、過去にいじめ加害者・脅迫犯に対して、指導を行ったと説明していますが、サイコパスは共感性ゼロのため、反省することはありません。

また、サイコパスは、知能が比較的良いとされています。本当に知能が高い人は、いじめなどやらないはずですが、中途半端に知能が良いと、「自己肯定感を手軽に高めたい」欲求を満たすために他者を攻撃するのです。

また、シチュエーションによって、自分を上手に演じることができる特徴を兼ね備えています。いじめ・脅迫を犯した東須磨小学校4人の先生が、父兄や上司などの評価が高いのは、この特徴を上手に生かしているからでしょう。

柴田祐介先生がいじめ・脅迫事件に関与していない場合は?

東須磨小学校は、いじめ・脅迫者4人の名前を公開していません。もし、この加害者が、他の小学校に転籍し、子供達に教育をすることになったら・・。親としては不安や恐怖が募るばかりです。

柴田祐介先生が関与していないのであれば、名誉棄損になってしまうので、東須磨小学校は、当サイトを含めたネットメディアに法的措置を早急にとるべきです。

 法的措置を進めるためには、事実とは異なることを証明する必要がでてくるため、柴田祐介先生の疑いは晴れることになります。

しかし、このまま東須磨小学校が沈黙を続けるのであれば、柴田祐介先生がいじめに関与している疑いは濃厚といえます。

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com

new.isabelaserta.com