山下皓平(やましたこうへい)渋谷道玄坂違法パチスロ「ルビー」店長の手口

 

山下皓平,やましたこうへい,パチスロ,ルビー,渋谷,道玄坂

山下皓平(やましたこうへい)渋谷違法パチスロ「ルビー」店長の手口

 山下皓平(やましたこうへい)が経営する渋谷道玄坂パチスロ「ルビー」が違法に大当たりがでる設定をしていたとして警察に摘発されました。事件の詳細を説明したいと思います。

山下皓平の違法パチスロ摘発事件の概要

東京・渋谷の違法パチスロ店が、警視庁に摘発された。

山下皓平容疑者(32)ら3人は、渋谷区道玄坂の違法パチスロ店「ルビー」で大きな当たりが出る違法なスロット機を設置し、客に賭博をさせていたところを警視庁に現行犯逮捕された。
店の客は紹介制で、入り口に監視カメラが設置され、捜査員などを警戒していた。

調べに対し、山下容疑者は、「違法な店舗だという認識があった」と容疑を認めていて、警視庁は、店の売上金が暴力団に流れていた可能性についても調べている。

山下皓平による単独犯ではなく、その背後には、大きな組織がある可能性が報道では指摘されています。渋谷道玄坂の治安にお関わる問題ですので、警察には、しっかりと捜査を進めてもらいたいですね。

山下皓平プロフィール

名前:山下皓平(やましたこうへい)
年齢:32歳
罪状:風営法違反

 

山下皓平が運営していた違法パチスロとは

山下皓平が渋谷道玄坂で運営していたパチスロ店「ルビー」は、風営法で規制されている「射幸心を煽る大当たりがでる機種」を設置していました。

「ルビー」で設置されていたパチスロ機種は、もともとは適法だったのですが、「大勝ち」する人と「大負けする人」が数多くでたため、2005年頃に依存性が高いと判断されて、公式のパチスロ店では設置することできなくなっていました。

山下皓平は、このような違法なパチスロ機種を設置し、客に賭博をさせていました。このような違法パチスロ店のことを業界では、闇パチスロと呼ぶこともあるようです。

new.isabelaserta.com

山下皓平が違法パチスロを経営していた手口

 山下皓平は、警察の摘発を恐れて、店の前にカメラを設置していました。入店前に、カメラで客であることを確認してから入店させていたのです。

これだけ入念なチェックをしていたということは、違法パチスロからかなりの売上があったのでしょう。