島口雄二の冷徹顔写真ヤバい!性的暴行ホストFaceook・家族・犯行現場選定がサイコパス

事件

島口雄二が、20代の女性に対して、性的暴行して逮捕されました。 島口雄二は、新宿歌舞伎町のホストで、事件当日は、飲酒していて「覚えてない」と供述しています。

ただ、その犯行手口は、飲酒としていたとは思えないほど「悪質」きわまりない。性的暴行後は、タクシーつかって逃走しています。

ここでは、 島口雄二が冷徹に犯行するようになったきっかけや家族・生い立ち・犯行現場選定などについて詳しく見ていきたいと思います。

島口雄二ホストの性的暴行ニュース概要

新宿・歌舞伎町で20代の女性を無理矢理、ビルの地下に連れ込み、性的暴行を加えたとして24歳のホストが逮捕されました。

 強制性交の疑いで警視庁に逮捕されたのは、歌舞伎町のホストクラブ従業員・島口雄二容疑者(24)で、去年8月7日の未明、20代の女性にビルの地下で性的暴行を加えた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、島口容疑者は歌舞伎町のビルの前に待ち合わせのために1人で立っていた女性に「あっちに行こう」などと声を掛け、無理矢理、地下1階の踊り場に連れ込んで襲ったということです。島口容疑者は事件の後、女性を残してタクシーで逃走していて、取り調べに対し「酒に酔っていて、全く覚えていない」と容疑を否認しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3903247.html
  • 島口雄二は新宿歌舞伎町のホストクラブに務めていた。
  • 8月7日の未明に、待ち合わせしている女性を連れ去り、「ヒトがだれもいない」ビルの地下で犯行におよんだ。
  • 島口雄二は事件当日は、「 酒に酔っていて、全く覚えていない」 と否認。
  • しかし、事件後に島口雄二は、女性をビルの地下に残したまま、一人でタクシーで逃走している

島口雄二ホストの顔画像・Faceook・プロフィール

島口雄二ホストの顔画像
  • 名前:島口雄二(しまぐちゆうじ)
  • 年齢:24歳
  • 職業:ホスト(新宿歌舞伎町)
  • 罪状:強制わいせつ罪
  • Facebook:現在のところ、島口雄二だと確証できるFacebook アカウントは存在しませんでした。

島口雄二は、新宿歌舞伎町に務める24歳のホスト。一般社会では、24歳という年齢は、若手であり、「覚えるべき仕事」がたくさんある「見習い」的な立場であることが多いですが、ホストの世界では、すでにベテランの域といえます。

入れ替わりが激しい、ホストの世界では、先月までは「自分よりも格下」だった男が突然「自分よりも格上」になる下克上が当たり前の世界です。

20代前半までは、自分の「若さ」や「顔」を武器に稼ぐことができたとしても、それ以降は、「用済み」として、稼げなくなってしまう怖さがあります。

このようなリスクがあることから、一般的な家庭で育った男は、「ホスト」を職業として選ぶことはほとんどありません。

なぜ、 島口雄二は、 職業としてホストをになることを選んだのでしょうか?

島口雄二「サイコパス」といわれた生い立ち・家族

島口雄二の生い立ちや家族を調べると、過去に「サイコパス」といわれていわれていたことがわかりました。

「 島口雄二は、ゆうちゃんと呼ばれていました。ゆうちゃんの家庭は、夫婦仲が悪く、よく両親が喧嘩していました。また、父親の酒癖が悪く、よくアルコールをのんでは、母親に手をだしているところを見ていたと聞いています。そのような劣悪な家庭から早く自立するために、新宿歌舞伎町でホストになる決断したようです。」(地元知人)

「 ゆうちゃんは、キレると、なにをするか分からない殺気だった表情になるから、誰も近寄れない雰囲気でした。あるとき、冷酷な顔で動物虐待しているところを目撃されたという噂が地元を駆け巡り『サイコパス』として恐れられていました。」(地元町内会関係者)

島口雄二は、劣悪な家庭環境のために「サイコパス」といわれるぐらいに冷徹な性格になってしまい、動物や他社に対しての思いやりに著しく欠ける人格になってしまった。

そして、その人格のまま「自立するために」新宿歌舞伎町ホストになり、犯行に及んでしまったのではないでしょうか?

次に、冷徹なサイコパス島口雄二が犯行場所に選んだ新宿歌舞伎町ビル地下について詳しくみていきたいと思います。

島口雄二ホスト性的暴行の犯行現場選定がヤバい

島口雄二が、20代女性に性的暴行をくわえた犯行現場は新宿歌舞伎町どこになるのでしょうか?

新宿歌舞伎町は、世界でも有数の繁華街ですので、 島口雄二の犯行現場を特定するのは非常に困難です。

事件報道では、 島口雄二は、待ち合わせの20代女性をビル地下に連れ込んだとしています。

新宿歌舞伎町の街並み

新宿歌舞伎町は、そのほとんどのエリアが「商業地」となっており、ほとんど全てのビルが、法律で定められている「容積率」ギリギリに建築されています。

そのため、意外かもしれませんが、人目につきづらい「死角」が数多く存在します。こうした「死角」での犯罪トラブルは、非常に多い。

とくに新宿歌舞伎町の飲食店でトラブルになると、このようなビルの隙間など人目につきづらい「死角」で暴行事件が頻発しています。

島口雄二は、新宿歌舞伎町のホストですので、このような人目につかない「死角」は熟知していたはずです。おそらく、

「ここなら犯行できる」

という目星をつけていたのが、事件現場となったビル地下踊り場だったのではないでしょうか。

新宿歌舞伎町一番街の街並み

新宿歌舞伎町は広く、様々な道路が交錯していますが、例えば「新宿歌舞伎町一番街」は、飲食店やホストクラブなどの商業施設が、密集しているのに、道路の道幅(幅員)が狭い。

住宅地であれば、あり得ないほどに、商業施設が密集しているのが、写真をみると分かるかと思います。

地方の都市であれば、 道幅が狭い新宿歌舞伎町一番街に建築されている4階建てぐらいの規模の建築物に地下を作ることはありえません。

わざわざ地下をつくっても、そんな日差しが入らない悪条件の場所をあえて借りるほどの需要がないからです。

しかし、歌舞伎町の地価は世界でもトップレベル。「異常」といわれるほどに高い。

そのために、 歌舞伎町一番街に土地を持つ地主は、法律で定められているギリギリの範囲でできるだけ大きな建築物を建てようとします。

そして、都道府県が定めた建築ルールの一つ「容積率」という制限が及ばない地下が大量に作られることになったのです。

このような背景によって新宿歌舞伎町にある商業施設は、ほとんどといっていいほど地下がある構造になっています。

この地下が「死角」となり今回の犯罪を引き起こすきっかけとなってしまいました。

20代女性被害者は必至に抵抗してはずです。しかし地下であるために、その犯行を止められる人は誰も現れなかった。行き過ぎた都市開発が招いた一つの弊害だといえます。

閉塞的な地下空間。

誰の助けも来ない絶望的な状況。

被害者20代女性のことを思うと胸が張り裂けそうな思いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました