白鳥世明(しらとりせいめい)顔画像 慶応義塾大学教授が下着窃盗!キャンパスでの余罪は?

白鳥世明,シラトリセイメイ

白鳥世明(しらとりせいめい)の顔画像

白鳥世明(しらとりせいめい)が、千葉県市川市の住宅から女性下着を窃盗した罪で逮捕されました。白鳥世明は、慶応義塾大学に勤務している教授です。社会的地位が高い職につきながら、なぜ女性下着を窃盗してしまったのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

 

 白鳥世明 慶応義塾大学教授が下着を窃盗ニュース概要

千葉県市川市で17日、アパートのベランダから女性用の下着を盗んだとして、自称・慶応義塾大学の教授が逮捕された。 窃盗の疑いで逮捕されたのは、自称・慶応義塾大学教授の白鳥世明容疑者。警察によると、白鳥容疑者は17日午後2時すぎ、市川市内のアパートで、38歳の女性が住む1階の部屋のベランダに干してあった女性用の下着、上下あわせて2着を盗んだ疑いがもたれている。 部屋の中にいた女性の夫が気づき、逃走する白鳥容疑者を数百メートル追いかけて捕まえたという。 警察の調べに対し白鳥容疑者は、「干してあった女性用の下着を盗んだことについては間違いありません」と容疑を認めているという。 慶応義塾大学のホームページによると、この名前の人物が2014年から理工学部の教授を務めている。

 白鳥世明教授は、女性の夫に現行犯で私人逮捕されました。昼間(午後2時過ぎ)に、干してあった女性下着を窃盗するのは、かなり大胆な窃盗行為ですね。

 

白鳥世明について

名前: 白鳥世明(しらとりせいめい)
年齢:不明
職業:教授
所属:慶応義塾大学(物理情報工学科)
https://www.st.keio.ac.jp/tprofile/appi/shiratori.html

白鳥世明は、慶應義塾大学の教授として、物理情報工学を私道していました。博士も取得しているエリート教授が、なぜ、白昼堂々と女性下着を窃盗してしまったのでしょうか?

 

白鳥世明の犯行動機

白鳥世明の犯行動機は、明らかになっていません。しかし、まだ明るい午後2時過ぎに、女性下着を窃盗したことを考えると、計画性がない、衝動的な犯罪であることが考えられます。

常識で考えれば、下着窃盗で捕まってしまえば、慶應義塾大学に勤務することは難しくなります。社会的信用は、一気に地に落ちてしまいます。

そんな大きなリスクがあるにもかかわらず、自制心をキープできなかったのは、

  1. 白鳥世明の性癖
  2. 白鳥世明の余罪

に大きな問題があることがかんがえられます。性癖に関する感情は、本人にしかわかりませんので、詳細は割愛します。

余罪に関しては、おそらく、今回の窃盗以外にも多くの犯行があったのではないでしょうか?何度も下着窃盗を繰り返しおこなった結果、自分の欲望を満たすことができてしまったので、「今回も窃盗できるだろう」という身勝手な理由で下着窃盗をしてしまった可能性があります。

慶応義塾大学内での余罪の可能性

白鳥世明は、慶應義塾大学で、「白鳥研究室」という研究室で様々なテクノロジーを開発するための研究を推進していました。

もしかしたら、この研究によるストレスが、下着窃盗という犯罪にはしらせてしまったのかもしれません。

また、白鳥世明は、研究のストレスは発散するために、慶應義塾大学キャンパス内ででも下着窃盗やわいせつ行為をしていた可能性があります。

教授・博士という立場を利用することで、学生に対してセクハラやパワハラを行っている可能性もあるため、警察はしっかりと余罪も捜査してほしいですね。