伊能誠二郎Facebookの顔画像 スタンガン虐待ヒモ男に騙されたシンママが悲惨

伊能誠二郎,スタンガン,虐待

伊能誠二郎スタンガン虐待

伊能誠二郎がスタンガンで2歳児を虐待していたことで逮捕されました。伊能誠二郎は、交際相手の女性の子供である2歳児をなぜスタンガンで虐待していたのでしょうか?逮捕の経緯は?詳しくみていきたいと思います。

 

伊能誠二郎スタンガン虐待ニュース概要

栃木県警足利署は16日、2歳男児の胸にスタンガンを押し付けるなどしてけがを負わせたとして、傷害の疑いで、同県足利市大前町、無職伊能誠二郎容疑者(37)を逮捕した。男児は伊能容疑者の交際女性の息子で、15日午後、児童相談所から足利署に「子どもを保護している」と連絡があり発覚した。  足利署によると、交際女性や男児と伊能容疑者は同居しており、署は他にも虐待がなかったか調べる。  逮捕容疑は、7日から15日にかけて、足利市内で男児の胸にスタンガンを押し付けるなどして暴行を加え、けがを負わせた疑い。男児の命に別条はないという。

伊能誠二郎には、交際相手の女性がいて、その女性と同居していました。女性の子供はまだ2歳児だったにもかかわらずスタンガンで虐待していました。2歳児では、大人の力に到底かないませんし、自分が虐待されていることを説明するのも難しい年齢です。自分よりも弱い人間に対して一方的に虐待するのは卑劣な人間のすることだと思います。

伊能誠二郎とは

名前:伊能誠二郎
職業:無職
住所:栃木県足利市大前町
年齢:37歳
罪状:傷害
凶器:スタンガン

37歳になりますが、職業は無職です。交際相手の女性に同居していたということから推測すると、お金もなかったのでしょう。虐待に使用していたスガンガンとはどのような凶器なのでしょうか?

スタンガンとは

スタンガン

スタンガン

スタンガンは、暴漢などの相手に電気ショックを与え、身を護るための防犯グッズである。電撃銃ということもある。内部の電源回路で高電圧を発生させ、電極部を相手に接触させることにより、筋肉を強制的に収縮させ、しばらくの間、行動不能にする。
https://ja.wikipedia.org/wiki/

スタンガンは、護身用の道具になります。米国などでは、暴漢や痴漢から身を守るために常に携帯する女性が多いです。

エアガンは、空気を利用して、BB弾を発射させるのに対して、スタンガンは強力な電気で相手の行動をストップさせます。

2歳児にたして、このスタンガンを押し付けたらどうなってしまうでしょうか?パワーにもよると思いますが、何かしらの後遺症が残ってしまう可能性も否めません。

また、場合によっては死に至るケースもあるでしょう。

過去には、ペット用スタンガンで、子供を虐待していた事件が発生していました。

起訴状などによると、2月26~28日、長女と中学生の次女、小学生の長男の腕や手に押し付けたペット用スタンガンをリモコンで作動。長男に約1週間のやけどを負わせたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190819/afr1908190003-n1.html

ペット用スタンガンによる虐待事件では、中学生と小学生が、ペット用スタンガンを付けさせられて、虐待をうけた結果、1週間のやけどを負っています。 

伊能誠二郎が虐待に使用したエアガンの種類はまだ報道されてませんが、2歳児の胸に押し付けていたことを考えると、相当なやけどをおってしまったと推測できます。とにかく命に別状はないとのことですので、それだけが救いです。

 

伊能誠二郎による虐待が発覚したきっかけ

伊能誠二郎によるスタンガン虐待は、児童相談所が保護した際に発見しました。児童相談所に保護された経緯は、報道されてませんが、なにかしらのトラブルがあって、緊急保護したことが考えられます。母親か近所の人が子供の泣き声などを聞いて連絡したのかもしれません。

児童相談所の人は、2歳児の胸についたスタンガンによる「やけど」の跡を見たときにどのような感情になったのでしょうか?

まだ幼く、マシュマロのような柔らかい肌に、やけどの跡が残っている異常事態に、とても驚いたはずです。

最近では、エアガンによる事件が後を絶ちません。自分の子供にライフル型エアガンを撃ち虐待していた親がいました・・・。

今回の事件では、エアガンではなくスタンガンによる火傷だったので、児童相談所のスタッフさんも、「なぜ胸にひどい火傷跡があるの?」と困惑しただろうと思います。

伊能誠二郎の彼女(同棲相手の女性)は虐待を知っていた?

伊能誠二郎の彼女(2歳児の母親)は、虐待の事実を知っていたのでしょうか?このことについてニュース報道では、まだ明らかになっていません。

児童虐待に関しては、

  1. 父親と母親が虐待しているケース
  2. 父親が虐待しているケース
  3. 母親が虐待しているケース

このように3つのケースが考えられます。今回、同棲相手の男性は2歳児と血の繋がりがありませんので、おそらく2のケースである可能性が高いと思われます。

伊能誠二郎の彼女(2歳児の母親)は、今回の事件をどのように考えているのでしょうか?きっと自分のせいで、子供の命を危険にさらしてしまったことを後悔しているのではないでしょうか。

自分の子供はもちろん、無職ヒモ男を養うために、懸命に働いてきた彼女の心情を考えると、「かわいそう」で仕方ありません。

伊能誠二郎は、シングルマザーの感情「さびしい」「心の支えになってくれる人がほしい」といった心のスキを巧に利用し同居するに至ったのではないでしょうか。

伊能誠二郎が2歳児をスタンガン虐待した理由

なぜ、伊能誠二郎は2歳児をスタンガンで虐待したのでしょうか?

様々な理由が考えられますが、まず、確認していただきたいのは、連れ子に対して虐待してしまう可能性が高まってしまうというデータがある事実です。

家庭内では男が妻や同棲相手の(自分とは血縁関係にない)子どもを虐待したり、殺したりすることが際立って多い。また母親による子殺しのうち、男から強要されて生まれたばかりの実子を殺す事件がかなりの割合に達する。こうした主張を受け入れがたいと感じる人もいるだろう。だが反論の前に、次のデータを見てほしい。

  • 両親とも実親の虐待:0~4歳 0.2人、5~9歳 0.2人、10~16歳 0.3人
  • 実親と義理親の虐待:0~4歳 15人、5~9歳 5.2人、10~16歳 5人

【出典】:カナダの児童養護協会からオンタリオ週ハミルトン市役所に報告された、1000人あたりの子どもの虐待数(1983年)
https://rikon-isharyou-anshin.com/topics/stepchildren-abuse/

 両親とも実親が虐待していた人数に対して、義理親の虐待数は、20倍から70倍以上にも達しています。

このサンプル数は1000人ですので、十分に参考になる数字です。ここから導きだされる答えは、義理親を迎える際にはよほど注意する必要があるということです。

伊能誠二郎は、無職の状態で、女性と同居していました。おそらく、お金がないストレスなどがあり、その捌け口として、何の罪もない2歳児が虐待を受けてしまったのではないでしょうか?

伊能誠二郎のFacebook顔画像

伊能誠二郎の顔画像は、まだ公開されておりません。Facebookアカウントに関しては、調査したところ同姓同名の人物が見つかりましたが、本人と特定できなかったためこちらで紹介することは控えたいと思います。

明らかになり次第、更新したいと思います。

以上、「伊能誠二郎の顔画像 スタンガンで2歳児を虐待した義理親の犯行動機」をテーマに事件ニュースを解説してみました。新しい情報が入り次第、内容を更新したいと覆います。