高橋美穂テコンドー協会理事が過呼吸!問題は金原会長か?

高橋美穂,テコンドー協会,理事

高橋美穂 テコンドー協会の理事

高橋美穂さんが、10月8日テコンドー協会 理事会にて過呼吸で倒れました。高橋美穂さんは、テコンドー協会の現在の体制に反対するスタンスをとっており、テレビでテコンドー協会を解散させることを公言していました。

new.isabelaserta.com

 

高橋美穂さんが過呼吸で倒れたテコンドー協会理事会のニュース概要

テコンドー協会理事会は午後1時からスタートし、金原昇会長を含む理事の総辞職や強化委員会や代表コーチの一新についても話し合われていた。午後6時50分ごろ、1992年バルセロナ五輪代表で、今回の件では選手の声を代弁してきた同協会アスリート委員長の高橋理事が退室。過呼吸の症状を示し、動けなくなった。  関係者によれば、高橋理事は話し合いの最中、「自分は理事をやめる。退室させてもらう」と何度か発言していたという。

高橋美穂さんとは

  • 名前:高橋美穂(旧姓:今野美穂)
  • 年齢:不明
  • 職業:テコンドー協会理事
  • 実績:バルセロナ五輪 テコンドー日本代表

高橋美穂さんは、テコンドー選手としてバルセロナ五輪代表に選出されたアスリートです。現在は、テコンドー協会理事として選手ファースト(選手育成を第一に考えた協会の取り組み)を推進していました。しかし、金原会長の独裁体制がいつになっても変わらないことに憤慨し、テコンドー理事会解散を主張しています。

高橋美穂さんのフェースブック

高橋美穂,テコンドー,フェースブック,facebook

高橋美穂さん テコンドー協会理事のフェースブック

高橋美穂さんは、テコンドー協会理事として、フェースブック上でも選手の事をことごとく無視する金原会長の体制を批判していました。そして、本日の理事会出席前にも決意を書き込んでいました。

おはようございます😃 今日も元気です。 選手のみんな、頑張るね。 先輩として後輩選手のみんなに恥ずかしくない姿を見せたくて、ここまで信念を曲げずに突き進んできました。 結果はわからないけど、最善を尽くします。 今日も練習頑張って!

https://www.facebook.com/miho.takahashi.34

 

 高橋美穂さんが糾弾していたテコンドー金原会長の独裁体制とは

 高橋美穂さんは、なぜ自身が理事を務めているにも関わらず、テコンドー協会を解散させようとしていたのでしょうか?

 その理由は、テコンドー金原会長の独裁体制にあります。金原会長は、選手から信頼されていた梶原恵一強化コーチを解任し、子飼いにしていた小池氏を着任させるなど、選手を無視した人選を進めてきました。

解任されたテコンドー強化コーチ

榊原,テコンドー,コーチ

榊原テコンドー強化コーチ(現在は解任)

解任された榊原恵一さんは、テレビ取材に対して、金原会長に対して、何度か意見を言ったら解任されたと語っています。

現在のテコンドー強化コーチ

小池,テコンドー,コーチ

小池テコンドー強化コーチ(睡眠中)

現在の小池コーチは、テコンドー選手を育成することに興味がなく、試合中にも関わらず、バックヤードで昼寝をしており、その写真がテレビで報道されています。

このことに対して、 高橋美穂さんは、金原会長は、自分に意見を言うものを排除し、自分に従う者(イエスマン)だけを重要なポジションにすると説明しています。

それにしても、テコンドー小池コーチ、ひどすぎますね・・・。

高橋美穂テコンドー協会理事が過呼吸になった原因

高橋美穂さんは、テコンドー協会の理事会にて、現在の腐敗しているテコンドー協会の体制を一新させるための解散を提案していました。

しかし、金原会長は、現在の体制を継続するスタンスを変えようとしません。おそらく、そんな金原会長の姿勢に憤りを感じた高橋美穂さんは、感情が一時的に高ぶって過呼吸になってしまったのではないでしょうか。
それにしてもテコンドー協会の腐敗ぶりは、今話題になっている東須磨小学校いじめ教師に酷似していますね。

高橋美穂テコンドー理事は協会を解散できるか?

高橋美穂さんは、自分自身がテコンドーの五輪代表だった経験があり、現役のテコンドー選手の気持ちが痛いほどよく分かります。だからこそ、理事としての役職を捨てる覚悟でテコンドー協会の解散を主張してきました。

しかし、スポーツ庁やJOC(日本オリンピック委員会)は、現在まで静観のスタンスを貫いています。

解散までの道のりは非常に険しいとは思いますが、高橋美穂さんを支持するメンバーは、現役選手・元強化コーチ・現副会長の岡本依子さんをはじめとして、フェースブックやテレビ視聴を通じて拡大しつつあります。

高橋美穂さんが現在の活動を続けていけば、スポーツ庁やJOC(日本オリンピック委員会)が動く可能性も十分にあり得るのではないでしょうか?

今後も高橋美穂さんの活動に注目し、新情報が入り次第更新していきたいと思います。