吉本興業ミキのツイッターステマ広告をスッキリ加藤が擁護しネットで物議

ミキ,ステマ広告,加藤

ミキのステマ広告をかばった加藤

京都市が吉本興行ミキに対してステマ広告を発注したことが問題視されています。その理由は、市民の税金をステマ広告の支払いに使ってしまたという倫理観の欠如です。この状況に対して、日テレ報道番組「スッキリ」で司会を務める加藤が「ミキがかわいそう」と擁護しネットでは厳しい意見が意見が続出しています。

 

吉本興行ミキのステマ広告とは

京都市,吉本興行,契約

京都市と吉本興行の契約

京都市は吉本興行と「京都市盛り上げ隊」のSNS発信費用として1投稿あたり50万円で合計2投稿100万円の費用を請求しています。京都新聞は、たった2件の投稿(つぶやき)で、100万円の税金を使った京都市に対して、市民感覚と大きくズレているという識者のコメントを掲載しています。

また、吉本興行ミキの投稿(つぶやき)には、広告の記載がありませんでした。吉本興行ミキのことをフォローしているファンは、投稿(つぶやき)を見ても広告だと判断できない状態だったため、このことが消費者に誤解をあたえるステマ広告であったと批判されています。

 

吉本興行ミキのステマ広告を擁護した加藤

吉本興行ミキの先輩にあたる加藤は、テレビ報道番組スッキリ出演時に、「ミキがかわいそう。かわいそう過ぎる」と擁護しました。ステマ広告に対して十分な知識がなかった上に、十分な指導もされていなかったのに騒動のターゲットとされてしまったことを視聴者にアピールする狙いがあったのでしょう。

しかし、この擁護に対して、身内だけを庇っているとの批判が続出しています。

吉本興行の後輩、チュートリアル徳井が脱税したときにも「悪意が無かった」「バカだから」という理由で擁護し、しっかりと税金を納めている視聴者からの反感を招きました。

吉本興業の先輩・後輩という関係による身内意識によって、偏った放送をすることは公平性を重視する放送法に抵触してしまう可能性があります。

吉本興行ミキのステマ広告騒動でトクするのはだれ?

吉本興行ミキのステマ広告は、許されるべきものではありません。このまま見過ごせば、今後も同じような事案が発生する可能性があるからです。

ただ、一方で、今回のステマ広告は、高額サービスや商品を購入させようとした悪質なものではなく、ふるさと納税の寄付金集めなどが目的でした。

そういう意味で、投稿を改めてみてみると、広告ということは明記されていませんが、「京都市盛り上げ隊」という企画名が明記されているので大きな問題はないと判断する見方もあります。

また、今回のステマ広告騒動が大きく拡散されたことによって、一番トクするのは、京都新聞ではないかという声が出始めています。

京都新聞は、吉本興行ミキのステマ広告を報じた新聞社ですが、ここ最近のWEBメディアの台頭で購読者数が減少し広告収入も伸び悩んでいます。

京都新聞は、今回の報道を通して、京都市に対して広告費用を自分達に落とせと圧力をかけているのかもしれません。

京都市の広告費用が、ツイッター1つぶやきに50万円も支払われているのは違和感を感じてしまいます。しかし、京都新聞に対して広告費用50万円を支払うのは、まったく違和感を感じません。

京都新聞は、今回のステマ広告報道を通して、京都市の広告は、誰からも批判されない新聞社にお金を使うべきだと暗に主張したかったのではないのでしょうか?